全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

日本酒の雪中熟成 中央アルプス観光

雪の中に埋設するため日本酒の入ったケースを並べる関係者=しらび平駅周辺

 「中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ」を運行する中央アルプス観光(駒ケ根市)は10日、恒例となっている日本酒の雪中熟成を中アで始めた。今年はロープウエー運休に伴い、山頂駅の千畳敷駅(2612メートル)ではなく麓駅のしらび平駅(1662メートル)周辺で実施。4月下旬ごろの掘り出し、発売を予定している。

 雪中熟成酒は、2017年にロープウエー開業50周年を記念して商品化した純米大吟醸酒「滲―Shin―」で、今年4年目の取り組み。伊那市荒井の酒造会社「宮島酒店」に依頼して醸造した。中アの伏流水がふんだんな伊那市横山で減農薬栽培した酒米「美山錦」を使っている。

 この日は関係者約10人が参加。作業を始めた午後1時半の気温は氷点下6度で、雪が降りしきった。協力して酒が入ったケースを並べると、陽の光が当たらないようシートで包み、上から雪を1メートルほどかぶせた。同酒店の宮島敏社長(57)は「雪中熟成により香りはフレッシュで味はまろやかになれば」と期待した。

 1本500ミリリットル入りで価格は3千円(税込み)を予定。500本を限定販売する。ホテル千畳敷やしらび平駅で販売するほか、11日から電話やインターネットで事前予約を受け付ける。問い合わせ、申し込みは中ア観光(電話0265・83・3107)へ。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク