全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地震後初の大山新酒・酒蔵まつり

 昨年6月の本県沖地震で酒蔵などが被災した鶴岡市大山地区で8日、「第25回大山新酒・酒蔵まつり」が行われた。応援消費や復旧の多くの支援を受けた4酒蔵は、感謝を込めて仕込んだ新酒で歓迎。県内外から訪れた日本酒ファン3300人超を喜ばせた。

 酒どころ大山のPRとともに地酒の消費拡大、地域振興や交流人口の増加につなげようと、地元を中心とした実行委員会が1996年から行っている人気イベント。今年で25回目。

自慢の逸品を味わう酒蔵巡り。奥には地震被害を受けた土壁も見える=羽根田酒造

 天候に恵まれたこの日正午近くになると、街中にはしっかりと着込んだ酒蔵巡りの客たちが大勢繰り出した。羽根田酒造(白梅)、渡會本店(出羽ノ雪)、冨士酒造(栄光冨士)、加藤嘉八郎酒造(大山)の4つの酒蔵の前には入場待ちで長蛇の列をつくったが、購入したばかりの酒瓶をその場で知り合った客同士で勧め合うなど終始陽気。酒蔵内では順路の右から左から次々つがれる自慢の逸品を堪能した。

酒蔵前にできた長蛇の列。待ち時間も振る舞い酒でもてなした=冨士酒造

 友人たちを連れて来た庄内町の50代女性は「毎年来ている。お酒との出合いもあるし、並んでいても交流が楽しめるのが魅力。地震があったのに今年も変わらず開催してもらって良かった。1軒目だからまだまだ頑張ります」と張り切っていた。

 いずれも酒造りに影響のないところまで復旧したというが、外壁など建物全体の3割ほどが未補修のところもある。各酒造の代表や担当者は支援への感謝を口にし、「おかげで例年並みの酒造りができた」(白梅)、「冬は2週間ほど早く仕込み始め、順調」(出羽ノ雪)、「例年以上に力を込めた自信作ができた」(栄光冨士)、「今年もいい酒ができた。4蔵欠けずに今日を迎えられて良かった」(大山)とそれぞれ話していた。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク