全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地震後初の大山新酒・酒蔵まつり

 昨年6月の本県沖地震で酒蔵などが被災した鶴岡市大山地区で8日、「第25回大山新酒・酒蔵まつり」が行われた。応援消費や復旧の多くの支援を受けた4酒蔵は、感謝を込めて仕込んだ新酒で歓迎。県内外から訪れた日本酒ファン3300人超を喜ばせた。

 酒どころ大山のPRとともに地酒の消費拡大、地域振興や交流人口の増加につなげようと、地元を中心とした実行委員会が1996年から行っている人気イベント。今年で25回目。

自慢の逸品を味わう酒蔵巡り。奥には地震被害を受けた土壁も見える=羽根田酒造

 天候に恵まれたこの日正午近くになると、街中にはしっかりと着込んだ酒蔵巡りの客たちが大勢繰り出した。羽根田酒造(白梅)、渡會本店(出羽ノ雪)、冨士酒造(栄光冨士)、加藤嘉八郎酒造(大山)の4つの酒蔵の前には入場待ちで長蛇の列をつくったが、購入したばかりの酒瓶をその場で知り合った客同士で勧め合うなど終始陽気。酒蔵内では順路の右から左から次々つがれる自慢の逸品を堪能した。

酒蔵前にできた長蛇の列。待ち時間も振る舞い酒でもてなした=冨士酒造

 友人たちを連れて来た庄内町の50代女性は「毎年来ている。お酒との出合いもあるし、並んでいても交流が楽しめるのが魅力。地震があったのに今年も変わらず開催してもらって良かった。1軒目だからまだまだ頑張ります」と張り切っていた。

 いずれも酒造りに影響のないところまで復旧したというが、外壁など建物全体の3割ほどが未補修のところもある。各酒造の代表や担当者は支援への感謝を口にし、「おかげで例年並みの酒造りができた」(白梅)、「冬は2週間ほど早く仕込み始め、順調」(出羽ノ雪)、「例年以上に力を込めた自信作ができた」(栄光冨士)、「今年もいい酒ができた。4蔵欠けずに今日を迎えられて良かった」(大山)とそれぞれ話していた。

関連記事

荘内日報社

足元に大型ストーリーマップ 藤沢周平記念館10周年企画展

 鶴岡市立藤沢周平記念館の開館10周年特別企画展「『橋ものがたり』の世界」が3日始まった。江戸の橋を舞台にした市井物10編で、昭和51―52(1976―77)年に集中的に市井小説を書き、自らのスタイルを確立できたと...

紀伊民報社

ずらり100種 木の標本

 和歌山県田辺市龍神村龍神の道の駅「ウッディプラザ木族館」は、広葉樹や針葉樹など約100種類の木を長さ30センチ前後に切ったものを並べ、標本として鑑賞できるようにしている。道の駅の担当者は「木の...

新ユニホームに十勝の特産 北海道十勝スカイアース

 社会人サッカーチームの北海道十勝スカイアースの今季の新ユニホームが2日、決まった。メインのユニホームは、昨年同様に十勝晴れをイメージするスカイブルーを基調にしているが、新たに上着の前後の中央に白...

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク