全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

ワクワクミライ5G体感フェア

臨場感たっぷりの映像を楽しめる5G体感バスの車内(トキスマ入り口で)

 第5世代移動通信システム「5G」の魅力に触れる「ワクワクミライ5G体感フェア」が9日、宇部市の常盤町1丁目スマイルマーケット(トキスマ)で開かれた。国内に1台しかない5G体感バスや仮想現実(VR)ゴーグルを使ったスポーツ観戦、ロボットを動かすプログラミング体験、ラグビー選手との交流などがあり、大勢の来場者でにぎわった。    市とNTTドコモが昨年11月、5Gの活用促進や最先端技術を活用したイノベーション創出、市街地活性化の取り組みを推進する連携協定を結んだことに伴う第1弾イベント。    特別装備を搭載した体感バスは県内初登場。車内は5座席が設けられたシアタールームで、高さ174㌢、正面幅558㌢(解像度7K)、両サイド223㌢(3K)の大スクリーンに、ラグビーとフォーミュラカーのデモ映像が約10分間映し出された。    ラグビー観戦の映像では、選手たちに間近なレフェリーカメラなどマルチアングルを味わえて、迫力満点。ラインアウトのリフトの高さは3㍍47と表示された。三井希乃佳さん(黒石小6年)は「いろいろな視点からの映像が見られてびっくり。家でも楽しめるようになればうれしい」と話していた。    embot(エムボット)のプログラミング体験には小学生20人が参加。段ボールを材料にしてロボットを作製し、タブレットで両手の動きやランプの点灯を指示するプログラムを組んで操作した。    VRゴーグルを装着してラグビーを観戦したり、コントローラーをラケットに見立ててバドミントン対戦をしたりするコーナーもあった。ラグビーの国内トップリーグに所属するNTTドコモレッドハリケーンズ(大阪市)の久内崇史、秦啓祐両選手との交流もあり、5歳から小学生までの33人がタックルやパス、リフトなどを体験した。  

関連記事

親離れシーズン カンムリワシ

 石垣島と西表島に生息し、国の種の保存法に基づく国内希少野生動植物種や国の特別天然記念物などに指定されているカンムリワシの繁殖活動は、親離れのシーズンを迎えている。  カンムリワシの繁殖期は2...

長野日報社

蓼科日記の複製完成 小津監督や野田高梧ら日常つづる

 日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完...

豊橋美博古城で丸地展始まる

 豊橋市美術博物館で19日、考古学研究に尽力した元収入役の丸地古城(本名・幸之助、1886~1972年)の功績を紹介する企画展「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」(市文化財センター主催)が始まった。...

紀伊民報社

チョウ〝九死に一生〟 目玉模様で鳥欺く

 九死に一生を得る―。後ろ羽にある目玉模様を鳥に食べられたヒカゲチョウ(タテハチョウ科)が、和歌山県田辺市稲成町のふるさと自然公園センターで見つかった。  今回見つかった個体は、後ろ羽の一番大き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク