全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「三体月」求め観月会

東の空から姿を見せた月を見る参加者(10日午前1時ごろ、田辺市本宮町で)

 和歌山県田辺市の本宮町と中辺路町で9日深夜から10日未明にかけ、熊野地方に伝わる「三体月」の観月会があった。本宮町では初めて大日山で開き、23人が参加。三体月は現れなかったが、参加者は厳しい寒さの中でロマンに浸った。  観月会は旧暦の11月23日、山から昇る月が三つに見えるという伝説にちなんだ催し。熊野本宮観光協会と中辺路町観光協会がそれぞれ開いている。  本宮町の観月会は29回目で、熊野本宮大社の創建2050年を記念した企画として開催。開催場所をこれまでの本宮町大瀬から、熊野の神々が三体月となって降臨したといわれる熊野本宮大社の旧社地・大斎原(おおゆのはら)を望む大日山の中腹に変更した。  参加者は田辺市下万呂の星空ガイド、角田夏樹さん(31)から北極星の見つけ方や冬の星座について教わり、天体望遠鏡で星雲を観測するなどしながら月の出を待った。10日午前1時ごろ、東の空から下弦の月が姿を見せたが、三体にはならなかった。  毎年参加しているという出口紀子さん(70)=本宮町三越=は「三体月は現れなかったが、天体望遠鏡で星を見せてもらえてよかった。三体月が見えるまで毎年参加したい」と話した。  中辺路町では世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「潮見峠」で開催。観光協会のスタッフも含めて約60人が参加した。

関連記事

長野日報社

「諏訪湖の日」制定を宣言 諏訪で記念イベント

諏訪湖への関心を高めようと定めた「諏訪湖の日」(10月1日)の普及に向け、諏訪湖創生ビジョン推進会議(沖野外輝夫会長)は23日、諏訪湖の日制定記念キックオフイベントを諏訪市湖岸通りのホテル紅やで...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク