全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地域支える助け合い精神 鶴岡第一学区小中学生 笑顔の除雪ボランティア

 鶴岡市第一学区コミュニティ振興会(鈴木淳士会長)の除雪ボランティア活動が8日、同学区内で行われた。小中学生たちが民生委員や町内会役員といった大人と一緒に、独居老人宅の雪かきに取り組み、助け合いの精神を養った。

 朝暘一小の6年生と鶴岡三中の1、2年生有志を対象にボランティアを募り、2005年度から継続している活動。冬季間週1回ほど定期的に実施している。

 本年度は小中学生計18人が参加登録。一人暮らしの高齢者宅約30軒から雪かきの申し込みがあった。計画では1月の第3週に始まり、その後2月第3週までの毎週土曜日に実施予定だったが、少雪で8日が活動の初日となった。

 この日は、前日から断続的に降り続いたため学区内は真っ白。午前9時に第一学区コミセンに集合後、大人に引率されて13人の子どもたちがスコップを片手に各地区へ繰り出した。

 このうち城南町では、中学生3人と大人3人で6軒を除雪。訪問先で「ありがどのー」「すごい助かるー」などと歓迎を受け、玄関先の雪を片付けた。

 鶴岡三中2年の佐藤菜々美さん(14)は生徒会執行部に所属していることから初参加。「湿り気があって結構重い。でも喜んでもらってうれしい」と笑顔だった。

独居高齢者宅の除雪を手伝う中学生たち=8日、鶴岡市城南町

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク