全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

すわっチャオ入館20万人 記念のセレモニー

セレモニーで記念証を手に集合写真に納まる20万人目の守屋さん(中央)ら

 諏訪市の公共スペース「駅前交流テラスすわっチャオ」は7日、オープン9カ月で入館者数が20万人に達し、記念のセレモニーを同所で開いた。市によると、利用者数は順調に推移し、昨年9月に10万人を達成して以降も「ペースが落ちない」という。セレモニーでは20万人目の諏訪清陵高校3年、守屋華穂さん(17)=松本市村井町北=らに記念品を贈った。

 同所はJR上諏訪駅東口の開発事業で建設された商業ビル「アーク諏訪」3階に昨年5月に開所した。諏訪市によると、フリースペースやイベントスペースは夕方、学習する高校生の姿が多く、入館者数の伸びをけん引している。未就学児対象の遊び場「キッズコーナー」や会議室も引き続き好評。一方で調理研修室は利用者が少なく、同所は「利用方法の周知に努めたい」とする。

 セレモニーで金子ゆかり市長は「世代を超えて利用いただきうれしく思う。『あつまる、つながる、はじまる』のコンセプトがこれを契機に広がれば」と述べた。

 20万人目の前後になったのは諏訪市豊田の主婦渡邊りえさん(35)、同市小和田の主婦小松五十子さん(71)。20万人目と前後の人には菓子の詰め合わせや駅前の本町2丁目上諏訪駅前通り商業会で使えるお買い物券が贈られた。

 20万人目になった守屋さんは電車の待ち時間や駅前の学習塾が開くまでの時間に学習室などで勉強しているという。「驚いた。これまでに10回ほど利用した。(開所するまでは)駅で待つしかなかった。ここでは快適に勉強できてありがたいです」と話した。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク