全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

17日から老朽化の琴芝駅舎を改修 規模縮小しトイレも撤去【宇部】

改修工事が決まった琴芝駅

 JR西日本は17日から宇部線の琴芝駅駅舎の改修工事を始める。老朽化に加え、施設規模が現在の利用状況に見合っていないと判断したため。工事は6月中旬までの4カ月を見込んでおり、駅舎は現在の約165・2平方㍍から約10平方㍍に大幅縮小、トイレも撤去される。

 同山口支社によると、現在の駅舎は築87年で、多くの設備に不具合が発生。1日当たりの乗降者数は、民営化された1987年の3000人に対して、2018年には1410人にまで減った。利用者減に伴い、02年に業務委託駅から簡易委託駅、12年に完全に無人駅となった。そのため、改札窓口や駅員の詰め所など、使われていない設備が多い。  1期工事で改札窓口などがある建物を解体し、券売機やベンチを備えた新しい駅舎を設ける。5月13日からの2期工事で現在の待合室とトイレがある建物を崩し、跡地をアスファルト舗装する。  トイレについて同支社は、経費や維持管理の観点から撤去を決めたとした。「利用者に不便をかけることは承知しているが、宇部線の全車両にはトイレが付いているので、乗車後に利用してほしい」と理解を求めている。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク