全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川出身俳優・加藤啓さんが八南小で演劇指導

 豊川市出身の俳優・加藤啓さん(45)が5日、母校である八南小学校(小野清隆校長)を初めて訪れ、6年生児童約120人に演劇の指導を行った。子どもたちは卒業記念に、照れくさい気持ちを振り払って熱演ぶりを見せた。  最近では人気ドラマ「おっさんずラブ」に出演し、映画監督の肩書も持つ加藤さんが、母校の後輩たちに熱血指導を展開した。  児童らはグループごとに分かれて、日本の民話「さるかに合戦」を題材にしたストーリーの演劇に挑戦。サルやカニなどの登場キャラの配役を決めて、サルに母親を殺された子どものカニたちが、クリやウスなどの仲間の協力を得て仕返しを果たす物語を表現した。  友達の視線を受けるとあり、1回目の発表では多くの子が照れ笑いを浮かべたり、セリフを忘れてしまい、加藤さんは「もうすぐ卒業なんだから、照れていても仕方ないよ。セリフをはっきりしゃべっていい思い出をつくろう」と呼び掛けた。  児童らが自ら考えて体を動かして表現したり、ユーモアを取り入れる姿には「新しいことを試すことは本当にいい経験になるよ」と笑顔で絶賛。反省を生かした2回目の発表では見違えるほどの演技力を発揮し、拍手喝采で締めくくった。  加藤さんは八南小、中部中を経て、時習館高校で演劇部に在籍。早稲田大学在学中に自ら劇団「拙者ムニエル」を結成し、100以上の舞台に出演したほか、豊川市内もロケ地となった映画「ねえこの凹(あなぼこ)にハマる音をちょうだい」の制作にも取り組んできた。子どもたちの演技に挑戦する姿に「勉強やスポーツ以外でも頑張れる機会になれば。友達の意外な一面に気付くきっかけにもなるはず」と期待した。  児童らは「またやりたい!」と熱望し、曽田珠杏(しゅあん)さん(11)も「最初は戸惑ったけど、みんなで楽しくできて良かった。いい思い出になりました」と振り返った。

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク