全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川出身俳優・加藤啓さんが八南小で演劇指導

 豊川市出身の俳優・加藤啓さん(45)が5日、母校である八南小学校(小野清隆校長)を初めて訪れ、6年生児童約120人に演劇の指導を行った。子どもたちは卒業記念に、照れくさい気持ちを振り払って熱演ぶりを見せた。  最近では人気ドラマ「おっさんずラブ」に出演し、映画監督の肩書も持つ加藤さんが、母校の後輩たちに熱血指導を展開した。  児童らはグループごとに分かれて、日本の民話「さるかに合戦」を題材にしたストーリーの演劇に挑戦。サルやカニなどの登場キャラの配役を決めて、サルに母親を殺された子どものカニたちが、クリやウスなどの仲間の協力を得て仕返しを果たす物語を表現した。  友達の視線を受けるとあり、1回目の発表では多くの子が照れ笑いを浮かべたり、セリフを忘れてしまい、加藤さんは「もうすぐ卒業なんだから、照れていても仕方ないよ。セリフをはっきりしゃべっていい思い出をつくろう」と呼び掛けた。  児童らが自ら考えて体を動かして表現したり、ユーモアを取り入れる姿には「新しいことを試すことは本当にいい経験になるよ」と笑顔で絶賛。反省を生かした2回目の発表では見違えるほどの演技力を発揮し、拍手喝采で締めくくった。  加藤さんは八南小、中部中を経て、時習館高校で演劇部に在籍。早稲田大学在学中に自ら劇団「拙者ムニエル」を結成し、100以上の舞台に出演したほか、豊川市内もロケ地となった映画「ねえこの凹(あなぼこ)にハマる音をちょうだい」の制作にも取り組んできた。子どもたちの演技に挑戦する姿に「勉強やスポーツ以外でも頑張れる機会になれば。友達の意外な一面に気付くきっかけにもなるはず」と期待した。  児童らは「またやりたい!」と熱望し、曽田珠杏(しゅあん)さん(11)も「最初は戸惑ったけど、みんなで楽しくできて良かった。いい思い出になりました」と振り返った。

関連記事

荘内日報社

足元に大型ストーリーマップ 藤沢周平記念館10周年企画展

 鶴岡市立藤沢周平記念館の開館10周年特別企画展「『橋ものがたり』の世界」が3日始まった。江戸の橋を舞台にした市井物10編で、昭和51―52(1976―77)年に集中的に市井小説を書き、自らのスタイルを確立できたと...

紀伊民報社

ずらり100種 木の標本

 和歌山県田辺市龍神村龍神の道の駅「ウッディプラザ木族館」は、広葉樹や針葉樹など約100種類の木を長さ30センチ前後に切ったものを並べ、標本として鑑賞できるようにしている。道の駅の担当者は「木の...

新ユニホームに十勝の特産 北海道十勝スカイアース

 社会人サッカーチームの北海道十勝スカイアースの今季の新ユニホームが2日、決まった。メインのユニホームは、昨年同様に十勝晴れをイメージするスカイブルーを基調にしているが、新たに上着の前後の中央に白...

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク