全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

けん玉や習字で交流【釧路】

 

児童に教わりながら、けん玉に挑戦する研修員

 国際協力機構(JICA)の研修員14人が4日、釧路市立青葉小学校(新谷修校長、児童数335人)を訪れ、児童と母国紹介や日本の遊びなどで交流した。

 14人は地域観光の振興策などを学ぼうと、1月27日~2月13日の日程で北海道センター(帯広)など道東地域で研修を行っている。学校訪問は同校のみ。

 この日は全校児童が「ありがとうの花」の合唱で研修員を歓迎した。5、6年生は自身や母国について紹介し合い、3年生は輪投げやけん玉などの遊び、4年生は習字を用意。身振りも交えながらやり方を伝え、一緒に楽しんだ。

 佐藤颯也君(3年)は「けん玉のやり方を英語も少し使って教えた。一緒にやれて楽しかった」と充実した表情を浮かべていた。

 パプアニューギニアから来たミモサ・マークさん(33)は母国の地図やパンフレットを児童にプレゼントし、「みんなおもてなしの心にあふれていて、特に歌に感動した。一生忘れられない思い出になった」と話していた。      

関連記事

親離れシーズン カンムリワシ

 石垣島と西表島に生息し、国の種の保存法に基づく国内希少野生動植物種や国の特別天然記念物などに指定されているカンムリワシの繁殖活動は、親離れのシーズンを迎えている。  カンムリワシの繁殖期は2...

長野日報社

蓼科日記の複製完成 小津監督や野田高梧ら日常つづる

 日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完...

豊橋美博古城で丸地展始まる

 豊橋市美術博物館で19日、考古学研究に尽力した元収入役の丸地古城(本名・幸之助、1886~1972年)の功績を紹介する企画展「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」(市文化財センター主催)が始まった。...

紀伊民報社

チョウ〝九死に一生〟 目玉模様で鳥欺く

 九死に一生を得る―。後ろ羽にある目玉模様を鳥に食べられたヒカゲチョウ(タテハチョウ科)が、和歌山県田辺市稲成町のふるさと自然公園センターで見つかった。  今回見つかった個体は、後ろ羽の一番大き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク