全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

日の丸に「期待」寄せ書き 小平選手へ届け

日章旗に応援メッセージを寄せる豊平小の児童たち

 平昌冬季五輪スピードスケート女子日本代表の小平奈緒選手(31)=相沢病院、茅野北部中―伊那西高―信大出=を応援しようと、母校の茅野市豊平小学校の児童が9日、日章旗にメッセージを書き、現地で応援する地域関係者に託した。レース会場の観覧席に掲げ、メダル獲得時の「日の丸ウイニングラン」などで使ってもらいたい考えだ。

 同校の5、6年生約70人と、小平選手が所属した豊平スケートクラブの1~5年生12人がメッセージを寄せた。小平選手が出場する個人3種目のうち、1000メートル用(105センチ×70センチ)と1500メートル用(90センチ×70センチ)の2枚に書いた。旗の大きさは種目によって異なり、最も大きい500メートル用(130センチ×90センチ)には後日、児童と教職員が寄せ書きをする。

 児童たちは色とりどりのマジックで「金メダル目指して頑張って」「目指せ世界新」「氷の上でもアツくなれ」「豊平で応援しています」などと書いた。「全力でがんばれ!」と記した豊平スケートクラブ部長の外ノ池信翔君(11)=5年=は「金メダルを取って帰ってきてほしい」と話していた。

 日章旗の作製は、現地で応援する地元南大塩区の小平直一さん、小平かつ子さん、小平重一さん、地元市議の矢島正恒さんが企画。1000メートルと1500メートルの日章旗は事前に小平選手の両親に託し、500メートルの日章旗は4人が持参する。それぞれレース会場に持ち込む。

 同校で児童から日章旗を預かった、小平選手を自主的に応援する同区の「励ます会」代表の小平直一さん(71)は「自分の子どももスケートをやって大きくなった。精いっぱい大きな声で応援してきます」と約束し、メダル獲得に期待を寄せた。

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク