全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

日の丸に「期待」寄せ書き 小平選手へ届け

日章旗に応援メッセージを寄せる豊平小の児童たち

 平昌冬季五輪スピードスケート女子日本代表の小平奈緒選手(31)=相沢病院、茅野北部中―伊那西高―信大出=を応援しようと、母校の茅野市豊平小学校の児童が9日、日章旗にメッセージを書き、現地で応援する地域関係者に託した。レース会場の観覧席に掲げ、メダル獲得時の「日の丸ウイニングラン」などで使ってもらいたい考えだ。

 同校の5、6年生約70人と、小平選手が所属した豊平スケートクラブの1~5年生12人がメッセージを寄せた。小平選手が出場する個人3種目のうち、1000メートル用(105センチ×70センチ)と1500メートル用(90センチ×70センチ)の2枚に書いた。旗の大きさは種目によって異なり、最も大きい500メートル用(130センチ×90センチ)には後日、児童と教職員が寄せ書きをする。

 児童たちは色とりどりのマジックで「金メダル目指して頑張って」「目指せ世界新」「氷の上でもアツくなれ」「豊平で応援しています」などと書いた。「全力でがんばれ!」と記した豊平スケートクラブ部長の外ノ池信翔君(11)=5年=は「金メダルを取って帰ってきてほしい」と話していた。

 日章旗の作製は、現地で応援する地元南大塩区の小平直一さん、小平かつ子さん、小平重一さん、地元市議の矢島正恒さんが企画。1000メートルと1500メートルの日章旗は事前に小平選手の両親に託し、500メートルの日章旗は4人が持参する。それぞれレース会場に持ち込む。

 同校で児童から日章旗を預かった、小平選手を自主的に応援する同区の「励ます会」代表の小平直一さん(71)は「自分の子どももスケートをやって大きくなった。精いっぱい大きな声で応援してきます」と約束し、メダル獲得に期待を寄せた。

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク