全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「明けの海」を宣言 諏訪湖の御神渡り、出現難しい

「明けの海」を宣言した八剱神社の宮坂清宮司

 諏訪湖の御神渡りの判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)は3日朝、同市豊田の舟渡川河口付近で観察を行い、今季の御神渡りの出現は難しいとして「明けの海」を言い渡した。二十四節気の一つ「小寒」の1月6日から観察を続けてきたが、結氷にも至らなかった。宮坂清宮司(69)は「一つの区切りと考え、全員での観察は終わりにする」と話した。

 氏子総代10人が舟渡川河口に集まり、宮坂宮司と共に温度計で気温や水温を測ったり、湖面の状況を確認したりした。持参した温度計では午前6時40分ごろの気温が氷点下3・6度、水温は3・6度。湖面には穏やかな波が立っていた。

 明けの海は平成以降23回目。直近で御神渡りができたのは一昨年で、それ以前だと2013年までさかのぼる。

 宮坂平馬大総代(66)は「温暖化の影響が明らかに諏訪湖でも見られ始めている。来季も不安がある」と表情を曇らせた。伝統的に観察総代を務める同市渋崎の総代の笠原清一さん(62)は「氷の上に立ちたかった。氷点下に届かない日があったのが考えられない」、藤森雅史さん(62)は「毎朝がっかりな日が続いた。薄氷だけでも張ってほしかった」と述べた。

 今後は、今季の結果を記した注進状を総代会で作成し、22日に諏訪大社に奉告する。

関連記事

荘内日報社

対策講じ遊佐5小学校で入学式

 遊佐町内の5小学校で8日、入学式が行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から各校ともマスク着用、時間短縮といった対策を講じて実施。スーツやワンピースで着飾った1年生がピカピカのランドセルを背...

紀伊民報社

新型コロナで「苦渋の決断」 海開き延期

 和歌山県白浜町と白浜観光協会は、4年ぶりに5月3日の開催を予定していた白良浜の海開き(海水浴場の開設)や関連イベントの延期を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため。現時点で7月の海開き...

MOMO5号機 打ち上げへリハーサル IST・大樹

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は7日夜から8日早朝にかけて、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」5号機の打ち上げに向けたリハーサルを行...

釧路新聞社

シマエナガさん、文房具に【釧路】

  山一佐藤紙店(釧路市北大通8、佐藤公一郎社長)はこの春、北海道に生息する小鳥で、野鳥愛好家に人気のシマエナガをモチーフにした文房具「シマエナガさん」シリーズの新作を商品化した。第3弾の鉛筆、第...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク