全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

響く和太鼓競演 田辺の5団体

田辺市の和太鼓5団体による初めての合同演奏(2日、田辺市新屋敷町で)

 和歌山県田辺市内の五つの和太鼓団体が集う「太鼓フェスティバル」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が2日、紀南文化会館(田辺市新屋敷町)であった。市町村合併前の旧5市町村それぞれに根付いた和太鼓の競演と、合同演奏による共演で約1200人の聴衆を魅了した。
 出演は、弁慶鬼若太鼓保存会▽大塔太鼓翔流▽なかへち清姫太鼓▽奥熊野太鼓▽紀州龍神太鼓保存会の5団体。今年合併15周年を迎える田辺市を盛り上げようと企画した。
 オープニングを飾った奥熊野太鼓は、直径約1メートルの宮太鼓2基が特徴。舞台に登場すると会場がどよめいた。この巨大な太鼓を中心に、大小14の小太鼓で熊野の神秘を感じさせる雄大な楽曲を響かせた。
 弁慶鬼若太鼓保存会は「楽しさ」を前面に出したパフォーマンスを披露。太鼓の響きと聴衆から巻き起こった手拍子が一体となって会場を包み込んだ。
 最後は5団体が初めて合同で演奏。練習は2回だけだったというが、それぞれの個性を生かしながら、春の訪れを感じさせる楽曲「春風」を披露した。アンコールの拍手が鳴りやまず、2度目の演奏で会場の盛り上がりは最高潮に達した。
 同市中万呂の女性(71)は「鬼若太鼓のファンだけれど、あまり聴いたことがなかった他の団体もそれぞれ個性的で良かった。若い演奏者も多くて、今後の活動も楽しみ」と話した。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク