全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新春の百人一首大会

札を取り合う生徒ら=前芝中学校で

 豊橋市立前芝中学校(谷中緑校長)で冬休み明けの9日、40回目となる百人一首大会が開かれた。全校生徒約120名と教職員、地域の学校評議員らが参加し、体育館に敷かれた畳の上で熱戦を繰り広げた。  古文学習の一環で、学習意欲の向上のほか、校区住民も参加することで地域のつながりを深めようと行われている。  参加者は、生徒会らによって作り続けられている裃(かみしも)を羽織った教員らがステージ上で読み上げる歌に集中。学年の垣根なく1グループ7~8人に分かれて、目の前の下の句が書かれた札を取り合った。  個人賞では、内田朋花さん(3年)が36枚の札を取り、圧倒的な強さで1位に輝いた。内田さんは全部の歌を覚えて大会に臨んだという。  大会では、日本の伝統芸能に触れる機会をと招かれた雅楽演奏家・近藤泰史さん(豊橋市)らの鳳笙(ほうしょう)や龍笛の演奏も披露され、生徒らが聞き入った。  「全校生徒参加で40年も続いている百人一首大会は市内でも稀で、自慢の行事」と谷中校長。「生徒会などが冬休み前から準備してくれたおかげ。これからも協力していい行事をつくっていきましょう」と話した。

関連記事

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク