全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

景品求め餅まき熱気【釧路】

 

多くの子供たちが訪れた餅まき会場

 釧路の冬を彩る「くしろ冬まつり2020」が2日、最終日を迎え、関連イベントを含めてさまざまな催しが行われた。メイン会場の市観光国際交流センター前で実施された宝くじ付き餅まき大会(釧路新聞社主催)では、2300個の餅が宙に舞い、多くの家族連れなどが餅と景品を求めて歓声を上げていた。    この日は足下に氷が張って滑りやすい状態だったものの、前日に続いて穏やかな天気となり、来場者が続々と訪れた。メイン会場ではビンゴ大会や寒風みこしが行われ、同センター内では障がい者芸術作品展などが開催された。

 餅まき大会では、はじめに幼児40人が餅つきに挑戦。鈴木貴子衆院議員や蝦名大也釧路市長らのほか、地元アイスホッケークラブチームのひがし北海道クレインズのFW西脇雅仁選手とアルディス・ギルゲンソンス監督、ヘンリース・ウズラウグスコーチが餅まきを担当した。

 参加者は協賛34社が提供した阿寒湖温泉宿泊券や商品券などの景品を手に入れようと、大きく手を上げたり声を出したりしてアピールしながら、まかれた餅を懸命にキャッチ。運良く当たりを引いた人は引き換え場所に列をつくり、笑顔で景品を受け取った。市内在住の辻菜々未さん(8)は景品ゲットとはならなかったものの「前回は3個、きょうは6個取れてうれしかった。家に帰って食べる」と話していた。 

関連記事

長野日報社

蓼科日記の複製完成 小津監督や野田高梧ら日常つづる

 日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完...

豊橋美博古城で丸地展始まる

 豊橋市美術博物館で19日、考古学研究に尽力した元収入役の丸地古城(本名・幸之助、1886~1972年)の功績を紹介する企画展「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」(市文化財センター主催)が始まった。...

紀伊民報社

チョウ〝九死に一生〟 目玉模様で鳥欺く

 九死に一生を得る―。後ろ羽にある目玉模様を鳥に食べられたヒカゲチョウ(タテハチョウ科)が、和歌山県田辺市稲成町のふるさと自然公園センターで見つかった。  今回見つかった個体は、後ろ羽の一番大き...

荘内日報社

人気「庄農うどん」作りに熱入る

 鶴岡市の庄内農業高校(加藤千恵校長)の「うどん部」(正式名称・農業部食品加工班、菅原愛花部長、部員18人)は、同市藤島地域の飲食店8店舗で展開中の「庄農うどん大作戦!」に、自分たちで製麺した「庄農う...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク