全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ドラム缶風呂収益を義援金に 駒工高3年生が出展

ドラム缶風呂に入浴する男性を見守る駒ケ根工業高の生徒

駒ケ根工業高校(長野県駒ケ根市)機械科3年の9人は2日、手作りしたドラム缶風呂を市内の駒ケ根キャンプセンターで開かれた野外イベントに出展した。一般対象のデモンストレーションは初めて。昨年秋の文化祭に合わせて製作したドラム缶ピザ窯を応用したもので、来場者は即席の露天風呂で極上の湯加減を楽しんだ。ドラム缶の風呂や窯は販売しており、収益は生徒の一部が研修で訪れたオーストラリア(豪州)の森林火災の義援金に充てる。

「いい湯だなー。これ以上の露天風呂はない。生徒の皆さんの努力の跡が見えますね」。会場に設けられたドラム缶風呂で、眼前の中央アルプスを望みながら漬かった男性は「ここで一杯飲みたいくらい」と笑顔だった。

学校の文化祭に向けて「身近なもので何か作れないか」とドラム缶を材料に、製作活動に取り組んだ機械科3年の9人。熱効率なども考え、溶接などの技術を駆使して窯を作った。風呂は利用する人たちに配慮し、細部までこだわって仕上げた。

生徒の一部は研修で昨年11月に豪州のキャンベラに滞在。森林火災は当時、訪問地まで達していなかったが、帰国後に交流先の人たちから炎が迫る現地の写真が生徒たちに送られてきた。

豪州の研修に参加していた原尚輝さん(18)は「あそこまでひどいとは思わなかった」と振り返る。最近まで澄み切っていた青空が煙で覆われてしまった現実。心を痛めた生徒たちは「いつまでも この青空と星空を」「人間は、地球にいちばん近い衛星だ」を合言葉に、自分たちが作ったドラム缶窯を販売して手助けしようと立ち上がった。

今までに4台が売れ、検討中の事業所なども。この日のイベントでは窯焼きの実演でピザや焼き芋などを振る舞い、より多くの人にアピールした。風呂に入って喜ぶ子どもらの姿を見ながら、原さんをはじめ生徒たちは「予想以上に喜んでもらえてうれしい」と目を細めた。

関連記事

宇部日報社

「ゆう太」「ゆう子」がスペイン応援衣装

 山口市湯田温泉のマスコットキャラクター「ゆう太」「ゆう子」が20日、亀山町の山口天使幼稚園(上田真由美園長)で、ホストタウンのスペインを応援するために作った衣装を初披露した。年長児88人が、フ...

陸自配備計画 カンムリワシの保全を 市民連絡会が環境省あて要請 繁殖を阻..

 平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会(共同代表・上原秀政氏ら5人)は20日、「駐屯地建設により、特別天然記念物で絶滅危惧種に指定されているカンムリワ...

長野日報社

高遠の「恵みと癒やし」香りに 高校生が商品化

高遠高校(長野県伊那市)で選択授業「地域の科学」を受講する2年生6人は20日、高遠に自生する香木クロモジと、タカトオコヒガンザクラのエキスを配合した香りの商品「高遠美山の香り」について、今春の...

武漢の病院へ防護服とマスクを送る

豊橋在住の中国人・黄鑠屏さん  豊橋市在住の中国人で、中国アジア経済発展協会対外交流委員会に所属する黄鑠屏さん(43)が、中国・武漢の病院へ防護服とマスクを送付した。送付には豊橋の企業も協...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク