全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

五感使い楽しもう 2日までサカタ・アートマルシェ

 今年で2回目となった「サカタ・アートマルシェ2020」が1日、酒田市の希望ホールで始まり、家族連れなどがさまざまなジャンルのアート(芸術)に触れ合っている。2日まで実施している。

 市文化芸術推進プロジェクト会議(会長・工藤幸治市芸術文化協会長)と市が昨年度に続き開いた。文化芸術の振興をまちづくりの柱の一つに据える市の方針を踏まえ、子どもから高齢者までがさまざまなアートに気軽に触れる場を設け、五感を使って楽しんでもらう狙い。演劇や吹奏楽、津軽三味線、ピアノ、和太鼓などのステージをはじめ、コンテンポラリーダンスや陶芸、木工などのワークショップなど、プロを含め地元内外で活躍する約20グループが2日間、多彩なプログラムを繰り広げる。

 2階練習室1では、市主催の写真コンクール「土門拳文化賞」選考委員の写真家・大西みつぐさんと、同市出身でプロの写真家を目指し勉強中の佐藤礼偲さん(19)=新潟市、写真専門学校1年生=の作品展を開催。大西さんは「まちのひかり」と題し、町工場や駄菓子屋、クリーニング店など、酒田を含む全国で撮影した、昭和のノスタルジーが漂う風景作品約20点を出品した。佐藤さんは酒田光陵高3年次の2018年、秋田県の由利高原鉄道矢島駅の風景を撮り、全国高等学校総合文化祭写真部門で最高賞・文部科学大臣賞を受賞した「ひだまり」など、庄内や秋田県、新潟県で撮影した四季の風景8点を出品した。

 佐藤さんは「酒田周辺の風景は素晴らしい。地元の人たちにその魅力を再発見してほしい」と話す。大臣賞受賞時の審査員が偶然、大西さんだったという縁もあり、2日午後2時から若手写真家の代表として大西さんと対談する。

 2日のマルシェは午前10時―午後6時。入場チケットは一般1000円、学生(中・高・大学生)500円、小学生以下は無料。フードマルシェとして喫茶やラーメン、ピザなどの店も出店される。問い合わせは希望ホール=電0234(26)5450=へ。

サカタ・アートマルシェが開幕。自作の脇に立つ佐藤礼偲さん

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク