全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本旅行業協会がウポポイ視察 博物館や体験交流ホール見学

国立アイヌ民族博物館を視察する旅行各社の代表ら=1月30日

 国内約1200社の旅行会社で構成する一般社団法人日本旅行業協会(東京)は1月30、31両日、白老町で4月にオープンするアイヌ文化復興拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れた。政府が掲げる年間来館者数100万人の目標達成に、旅行業界が協力していくための現地視察。ウポポイを絡めた旅行商品の企画に向けて、大手を含む旅行各社の代表や幹部らが国立アイヌ民族博物館など施設を見て回った。

 初日は同協会の訪日旅行推進委員会に所属する17社、2日目は国内旅行推進委員会メンバー22社の社長、幹部ら計56人が参加。文化庁や公益財団法人アイヌ民族文化財団(札幌)の職員の案内で博物館や体験交流ホール、体験学習館の内部を見た。

 初日の視察で訪日旅行推進委メンバーは中核施設の博物館に足を運び、「言葉」「歴史」「暮らし」「仕事」「信仰」「交流」の6テーマの資料700点を並べる予定の基本展示室を見学。「アイヌ民族の外洋船イタオマチプの部材など重要資料も紹介する」とした担当者の説明に耳を傾けた。

 体験交流ホールでは、半円形ステージで古式舞踊を上演する芸能ホールを視察。540人を収容でき、ポロト湖を望む借景窓(高さ5メートル、横9メートル)を備えたホールの出来栄えに目を見張り、「舞台でプロジェクションマッピングなど最新技術の映像演出も行う」とした説明を耳にイメージを膨らませた。修学旅行生などにアイヌ語や伝統工芸を体験してもらう体験学習館も訪れ、机が並ぶ学習用スペースを興味深げに見渡した。

 先住民族政策の一環で、政府がポロト湖畔に約200億円を投じて整備したウポポイの視察を通じ、参加者は観光資源としての潜在力の高さを実感。取材に応じた訪日旅行推進委の堀坂明弘委員長(日本旅行社長)は「ロケーションも良く、魅力ある施設であり、100万人達成は十分に射程距離にある。国内での認知度はまだ低いが、旅行業界としてウポポイをPRしていきたい」と述べた。

 一方、来館者が夜間プログラムを楽しんだ後、札幌圏に確保している宿泊先への移動手段の強化が必要とし「札幌と結ぶバスなど2次交通の改善や、(食事など文化が異なる)訪日客への対応をどうするか」と課題を指摘した。視察を踏まえ旅行各社は訪日や国内の旅行客に向け、ウポポイを組み込んだツアーなど商品開発と販売に取り組む。

 アイヌ民族の歴史や文化を多角的に伝えるウポポイの施設群は一部を残して完成し、4月24日の開業を目指し外構工事が急ピッチで進められている。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク