全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

カツオ水揚げ激減

すさみ漁港に水揚げされたカツオ。量が少ないので競りはすぐに終わった(すさみ町周参見で)

 「すさみケンケン鰹(かつお)」で知られる和歌山県すさみ町で、カツオの水揚げ量が激減している。町内のすさみ漁港と見老津漁港で3月~5月10日、水揚げされたカツオは計6・5トン。昨年同時期(92・1トン)の7%ほどしか揚がっていない。

 和歌山南漁協すさみ支所によると、ひき縄漁と一本釣り漁の水揚げ量は3月494キロ、4月4・4トン、5月1~10日1・6トン。10年ほど前から不漁傾向にあるが、これほど少ないのは初めてで、同支所は「今年は大不漁だ」と嘆いている。  県水産試験場(串本町)によると、海外でカツオが大量に捕獲され、日本近海への来遊量が少ないことに加え、黒潮の大蛇行でカツオの分布域が県沖から遠方になってしまったことが、水揚げ激減の一因と考えられるという。  漁場が遠方になると、漁船の燃料代がかさむ。天気にも左右されやすくなることから、出漁しない漁師が多くなっている。  10日のすさみ漁港の水揚げ量は約200キロ。競りも短時間で終わった。  漁師歴約60年、地元の石津武昭さん(76)は「5月は今日初めて出漁した。黒潮が離れていてカツオも遠方にいるので、三重県沖まで船を出した。今年はこれまでで一番少ないのでつらい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク