全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

カツオ水揚げ激減

すさみ漁港に水揚げされたカツオ。量が少ないので競りはすぐに終わった(すさみ町周参見で)

 「すさみケンケン鰹(かつお)」で知られる和歌山県すさみ町で、カツオの水揚げ量が激減している。町内のすさみ漁港と見老津漁港で3月~5月10日、水揚げされたカツオは計6・5トン。昨年同時期(92・1トン)の7%ほどしか揚がっていない。

 和歌山南漁協すさみ支所によると、ひき縄漁と一本釣り漁の水揚げ量は3月494キロ、4月4・4トン、5月1~10日1・6トン。10年ほど前から不漁傾向にあるが、これほど少ないのは初めてで、同支所は「今年は大不漁だ」と嘆いている。  県水産試験場(串本町)によると、海外でカツオが大量に捕獲され、日本近海への来遊量が少ないことに加え、黒潮の大蛇行でカツオの分布域が県沖から遠方になってしまったことが、水揚げ激減の一因と考えられるという。  漁場が遠方になると、漁船の燃料代がかさむ。天気にも左右されやすくなることから、出漁しない漁師が多くなっている。  10日のすさみ漁港の水揚げ量は約200キロ。競りも短時間で終わった。  漁師歴約60年、地元の石津武昭さん(76)は「5月は今日初めて出漁した。黒潮が離れていてカツオも遠方にいるので、三重県沖まで船を出した。今年はこれまでで一番少ないのでつらい」と話した。

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク