全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

カツオ水揚げ激減

すさみ漁港に水揚げされたカツオ。量が少ないので競りはすぐに終わった(すさみ町周参見で)

 「すさみケンケン鰹(かつお)」で知られる和歌山県すさみ町で、カツオの水揚げ量が激減している。町内のすさみ漁港と見老津漁港で3月~5月10日、水揚げされたカツオは計6・5トン。昨年同時期(92・1トン)の7%ほどしか揚がっていない。

 和歌山南漁協すさみ支所によると、ひき縄漁と一本釣り漁の水揚げ量は3月494キロ、4月4・4トン、5月1~10日1・6トン。10年ほど前から不漁傾向にあるが、これほど少ないのは初めてで、同支所は「今年は大不漁だ」と嘆いている。  県水産試験場(串本町)によると、海外でカツオが大量に捕獲され、日本近海への来遊量が少ないことに加え、黒潮の大蛇行でカツオの分布域が県沖から遠方になってしまったことが、水揚げ激減の一因と考えられるという。  漁場が遠方になると、漁船の燃料代がかさむ。天気にも左右されやすくなることから、出漁しない漁師が多くなっている。  10日のすさみ漁港の水揚げ量は約200キロ。競りも短時間で終わった。  漁師歴約60年、地元の石津武昭さん(76)は「5月は今日初めて出漁した。黒潮が離れていてカツオも遠方にいるので、三重県沖まで船を出した。今年はこれまでで一番少ないのでつらい」と話した。

関連記事

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

紀伊民報社

飲酒運転を取り締まり 夏の交通安全運動

 わかやま夏の交通安全運動が11日、始まった。20日までの期間中、飲酒運転の根絶や横断歩道での歩行者優先などを重点に、県内各地で啓発活動が実施される。田辺署は運動に先立ち、飲酒運転の撲滅に向けて...

荘内日報社

鶴工高創立100周年記念 シルクプロジェクト 前身・染織学校に思い馳せ歴史と..

 鶴岡市の鶴岡工業高校(百瀨克浩校長)で10日、「鶴工シルクプロジェクト」のキックオフイベントが行われた。創立100周年を記念し、山形大国際事業化研究センター(小野寺忠司センター長)と連携した起業家育成...

釧路新聞社

羅臼高校、5年ぶり勝利を【羅臼】

   2020年度夏季北海道高校野球大会釧根支部大会(17日、釧路市民球場)に羅臼高校が秋季に続き単独で出場する。夏季大会出場は5年ぶり。昨年の秋季大会では初戦で釧工業に1ー11と大敗したが、今回...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク