全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広農業高校 5品目で国際認証 ASIAGAP

 帯広農業高校(二木浩志校長)は、農産物の生産工程管理の安全性を示す国際基準「ASIAGAP(アジアギャップ)」の継続認証を受けた。昨年、小麦など4品目で管内高校で初めて認証取得し、今年は新たに小豆を加えた5品目で認証を得た。

アジアギャップの継続認証を受けた帯広農業高校の生徒たち。前列右から2人目は二木校長

 アジアギャップは国際基準に基づき、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証の一つ。一般財団法人日本GAP協会(東京)が策定し、農場設備や農産物管理の観点で第三者機関の審査を受ける。

 同校では農業後継者の生徒が多く、将来の就農に生かすことなどを狙いに2017年度から認証に向けた取り組みを開始。18年末の審査を経て昨年2月、小麦とナガイモ、ジャガイモ、大豆の4品目で初の認証を取得した。

 今年度は1~3年の生徒約50人でチームを組み、既存4品目に小豆を加えた5品目の認証取得へ昨年4月に活動を始めた。品目ごとや機械の扱いに関するグループに分かれ、それぞれ資料を作成。ファイルに収められた膨大な数の資料には、作物の育て方のほか、食品安全の管理やリスク対策などについて記されており、そのほとんどを生徒たちが手掛けた。

 資料作りの傍ら、農作物管理施設などの清掃も自ら取り組んだ。同11月にこれらの取り組みについて公開審査を受けた後、審査員から指摘された改善点を基に是正報告を行い、結果を待っていた。今回の認証は8日付。

 生徒たちによると、既存の4品目については昨年の資料を基にしつつ、より分かりやすいように全て見直しを図った。小豆は今回初めてで、担当チームも手探りで遅くまで作業に時間をかけたという。

 チーフとしてチーム全体を統括した北村慎吾さん(3年)は「感覚でやっていた作業の一つ一つを細かくリスト化し、読めば誰でも分かるように心掛けた」と振り返る。同じくチーフを担った伊藤聖紘さん(同)は「卒業して実家に戻った後、農作業で整理されていない工程の把握などギャップでの経験が生きそう」、サブチーフの苅谷陵さん(2年)も「資料で改善できる点はまだあると思う。審査を受けたときの応対力など、第三者機関に説明できる力も付けたい」と次年度への意欲を語る。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク