全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

舞う雪 蹴散らし 音更・十勝牧場で馬追い

冬場の運動不足解消のために馬場を駆ける農用馬

 音更町駒場の家畜改良センター十勝牧場(櫻井保場長)で9日、農用馬の運動不足解消や難産を防ぐための馬追い運動が始まった。雪が降る中、妊娠馬が白い息を吐きながら巨体を揺らして走り回っている。

 この日の十勝地方は低気圧の通過に伴い雪が降り、正午までに上士幌町ぬかびら源泉郷で11センチ、新得10センチなどの降雪を記録。帯広は5センチ。

 十勝牧場では国内公的機関で唯一、農用馬の改良、繁殖を行い、171頭を飼育している。冬は厩舎(きゅうしゃ)などで過ごすことが多くなり運動が不足する。出産に向け体力をつけるため、主に妊娠馬を対象に馬追いを行っている。

 午前9時半ごろから、80頭が3グループに分かれ、職員の乗る馬に追われながら、1周800メートルの運動場を2、3周ずつ走った。馬追いは一般公開しており、毎年写真愛好家が訪れる。町内の会社員大西ちひろさん(38)は「動きのある馬の写真を撮れる機会は少ない。また来たい」と話していた。

 2月末まで平日午前9時半ごろから1時間程度行う。問い合わせは同牧場(0155・44・2131)へ。

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク