全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴中央高3年生と聴覚障害者 手話で交流

 県立鶴岡中央高校(遠田達浩校長、生徒735人)で29日、総合学科社会福祉系列3年生と聴覚障害者が手話を通して交流した。生徒たちは趣味や生活の話題から聴覚障害者の悩みなども話し合い、共生社会の理解を深めた。

 同系列のコミュニケーションの授業で点字や手話を学ぶ3年生を対象に2016年度から始まり、毎年実施している手話交流会。同系列2年生を対象に2月13日にも実施予定。

 この日は県聴覚障害者協会庄内支部の5人と市設置の手話通訳者・小林美和子さんが同校を訪問。生徒15人が参加した。

 生徒たちは自己紹介から始まり、将来の夢や好きな食べ物などを話題に、分からない表現を確認しながらキャッチボールに専念。「んん?アーモンド?」「分かったアボカド!」。その場の和やかな雰囲気も手伝って打ち解けていた。

 「マスクを着けていて言っていることが読み取れなかったことがある」「地元だと劇を字幕付きで鑑賞できる会場がない」などと、聴覚障害者の体験を交えた悩みも教えてもらった。

 将来は看護師になりたいという伊藤響也さん(18)は「ホワイトボードのおかげも大きかったけど、伝えよう受け取ろうの気持ちが大事。ちゃんと使えるようになりたい」と話していた。

手話で交流を楽しむ参加者

関連記事

紀伊民報社

桜満開 島ノ瀬ダム 訪れる人少なめ

 和歌山県みなべ町東神野川の島ノ瀬ダムで桜がほぼ満開となり、淡いピンク色の光景が広がっている。  ダム周辺にはソメイヨシノをメインに、ヤマザクラやボタンザクラも含めて500本ほどの桜がある。30...

荘内日報社

冊子「ハタラクカタチ」 公益大生有志 若者目線で取材し制作

 庄内地方の企業などが持っている魅力を若者目線で広く発信しようと、東北公益文科大学(酒田市)の学生有志が、そこで働く若手従業員を取材してまとめた冊子「ハタラクカタチ」を制作した。学内の新4年生、市内...

芽室町が職員3人を外部派遣へ

 芽室町は新年度、外部へ3人の職員を派遣する。農林課の近藤猛児さん(24)が一般財団法人地域活性化センター(東京)と公益財団法人日本ゲートボール連合(同)へ、子育て支援課の川瀬吉澄さん(26)が公...

釧路新聞社

市立看護学院、新校舎供用開始【釧路】

   釧路市立高等看護学院(足立憲昭学院長)=市春湖台1=の新校舎が3月から供用を開始した。校内設備の充実により学習環境が大幅に改善され、学生からは「新校舎で本格的に学ぶのが本当に楽しみ」などと喜...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク