全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

四季折々の境内へ

豊川の為当稲荷神社「ハナモモの杜」整備

 豊川市為当町の為当稲荷神社(山本行洋宮司)で、地元住民でなる「為当ふるさとの森愛護会」(太田秀雄会長)が新たな住民憩いの場「ハナモモの杜」を整備した。2015(平成27)年度から続く「故郷(ふるさと)の森整備計画」で、境内東側の外苑部分が今春から花で彩られる。  生活用水で隔てられ、もともと竹藪だった約580平方㍍の外苑に、ハナモモ17本とシダレモモ3本を植樹した。愛護会と、毎年祭りを盛り上げる「神狐もりあげ隊」のメンバーら30人が参加し、雑草を取り除き、重機も使って竹の根を抜いた後、苗木を植えて、倒れないように固定用の杭(くい)を打った。木は県の「緑の街並み推進事業」の補助金を活用した。  もともと生えていた4本のウメの木は残し、モモとウメ合わせて24本の木が3月ごろに開花し、春の訪れを告げる。8742平方㍍と広く、市民も自由で出入りできる境内は、ミミズバイやタイミンタチバナなどの照葉樹林が自生する貴重な場所。これまでも地元企業による支援もあり、桜やカブトムシなどが集まるクヌギを植えたほか、アジサイやスイセンの生け垣作りも実施。一年を通して四季折々の花が咲き乱れる憩いの場に少しずつ近付いてきた。  今年も4月4、5日にキツネのちょうちん行列などが行われる「花の撓(とう)大祭」が開かれる。太田会長は「祭りに合わせて楽しめる新たなスポットになれば」と期待し、毎回幅広い世代が参加する整備事業には「みんなで力を合わせている。結束力は災害時などにも役立つ」と話した。

関連記事

長野日報社

蓼科日記の複製完成 小津監督や野田高梧ら日常つづる

 日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完...

豊橋美博古城で丸地展始まる

 豊橋市美術博物館で19日、考古学研究に尽力した元収入役の丸地古城(本名・幸之助、1886~1972年)の功績を紹介する企画展「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」(市文化財センター主催)が始まった。...

紀伊民報社

チョウ〝九死に一生〟 目玉模様で鳥欺く

 九死に一生を得る―。後ろ羽にある目玉模様を鳥に食べられたヒカゲチョウ(タテハチョウ科)が、和歌山県田辺市稲成町のふるさと自然公園センターで見つかった。  今回見つかった個体は、後ろ羽の一番大き...

荘内日報社

人気「庄農うどん」作りに熱入る

 鶴岡市の庄内農業高校(加藤千恵校長)の「うどん部」(正式名称・農業部食品加工班、菅原愛花部長、部員18人)は、同市藤島地域の飲食店8店舗で展開中の「庄農うどん大作戦!」に、自分たちで製麺した「庄農う...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク