全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

受け入れ準備着々 20日から横浜Mキャンプ

コートにゼブラ模様の装飾をほどこしながら行われている芝刈り作業=7日午後、サッカーパークあかんまAコート

 1月20日から始まるサッカーJ1の横浜F・マリノスのキャンプに向け、サッカーパークあかんまでは、ピッチの状態の良しあしを左右する天然芝の管理に余念がない。市施設管理課の臨時職員ら数人がコート上で芝刈りの作業を継続している。メインで使用される予定のAコートでは昨年12月から、夏芝から冬芝へ切り替える「オーバーシード」が行われており、青々とした「緑のじゅうたん」が広がっている。  Aコートの冬芝は、2015年に県の「芝人(しばんちゅ)養成事業」の対象に選ばれ、沖縄本島の施設と同様、Jリーグの規格に対応した芝生の管理が可能に。昨年の12月4日にオーバーシードの作業を開始、冬場の季節に生育する冬芝の種をまき、生育を活性化させるため週に2回は伸びた芝刈りの作業を行っている。  同課によると、あかんまは強めの雨でも水たまりができない土壌設計となっており、これもF・マリノスがキャンプ地に選んだ理由の一つという。  28日のキャンプ終了までの市民の利用は、フットサルアリーナの午後7~9時のみ。正門は関係者用の出入り口となるため、一般見学者の駐車場は施設の南側のみとなる予定。  八重山サッカー協会の比嘉信浩会長は「冬芝が最盛期を迎えるのはキャンプ終了後の2~3月ごろ。キャンプ後は市民にも還元し、国内トップクラスのチームが使用したピッチを楽しんでほしい」と話している。

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク