全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣島マラソン 令和時代も架け橋深化 石垣―岩手、交流パーティー

岩手・沖縄かけはし交流協会の福岡勝夫顧問の音頭で乾杯。さらなる交流深化を誓った=26日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ

 石垣島マラソン終了後の26日夜、市内のホテルで「石垣・岩手かけはし交流パーティー」(石垣岩手かけはし交流協会主催)が開かれた。新元号「令和」になって初の交流会となり、関係者約75人がさらなる「架け橋」深化を誓った。

 主催者あいさつで浦崎肇会長は「新元号『令和』になって初めての懇親会。北上市、石垣市の友好都市締結もあり、官民で連携を深めている」と交流の経緯を説明。過去2年間、北上マラソンが台風接近で中止になったことに触れ「ことしこそぜひ行きたいのでよろしくお願いします」と笑いを誘った。

 北上市の及川義明副市長は、両市の高校生が交流を深めていることを示し「100年続く交流をお願いしたい」とあいさつ。中山義隆市長は「種もみ交流から始まった石垣市、岩手県北上市のつながりが年々積み重なっている。人的、文化、経済的交流を深めることが目標。これからもご尽力を」と協力を求めた。

 岩手・沖縄かけはし交流協会の小山雄士会長は「冷害から24年たつが大勢集まり交流の場を設けていただいた。人のつながりが新たなつながりとなり、希望につながるようにしたい」と決意した。

 石垣―岩手の交流は1994(平成6)年、岩手県などを襲った冷害で米が不作となった際、種もみ緊急増殖事業として石垣市から種もみが送られたことをきっかけにスタート。石垣島マラソンを通しての交流会は9年目となる。今回来島した岩手側の一行は45人。石垣島マラソンには31人出場した。

関連記事

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

紀伊民報社

飲食街にも明かり ぼちぼち再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を自粛していた飲食店が、6月に入り続々と再開している。県内有数の飲食街である和歌山県田辺市湊の「味光路」にも、明かりがともり始めた。感染症対策をしつつ、...

足取られ…田植え実感 新得小

 新得小学校(合掌浩孝校長、児童211人)の5年生36人が2日、共働学舎新得農場で田植えに挑戦した。  同校では5年生の総合学習で、田植えから収穫、調理まで一貫して稲作について学ぶ。田植えの大...

宇部日報社

フェンスに傘やてるてる坊主で梅雨をテーマに飾り付け

 社会福祉法人むべの里中山(隅田典代理事長)の駐車場脇のフェンス(高さ1㍍20㌢、幅30㍍)に、季節感あふれる飾りが取り付けられた。色とりどりの傘33本と、愛らしいてるてる坊主73個が並び、行き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク