全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

自慢の新商品いかが 加工品、試食と販売でPR 県アグリ起業者事業

アグリチャレンジ起業者育成事業販売促進会の試食・販売が行われ、4事業所がブースを設けて商品をPRした=25日午前、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場

 県の2019年度アグリチャレンジ起業者育成事業販売促進会が25日、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場で開かれ、八重山の4事業所が自慢の新商品などを試食・販売した。

 参加メンバーはこれまでに、アグリチャレンジ起業者育成講座で商品の研究を実施。今回の販売促進会は、販売力と販路拡大を学ぶもので、プロのバイヤーからレクチャーを受けた。午前10時に販売がスタートすると買い物客たちが試食などで品定め、気に入った商品を購入していった。

 三和ヘルシー加工場(平安山盛子代表)のスタッフ上原かよ子さん(58)は、自身が考案したサーターアンダギーのシークワーサー版を初販売。母の盛子代表と共に開発、さっぱりとした味わいに仕上げた。しぼり汁が多いと油と分離してしまうため、分量と味の調整に時間をかけた。上原さんは「発案から1年かかった。シークワーサーのさわやかな風味を味わってほしい」とPRした。

 石垣島バニラ(金城美沙江代表)は、栽培から加工まで自社で行った沖縄県初の県産バニラビーンズを販売。種類はビーンズとシュガータイプの2種類。販売まで8年の歳月をかけた金城代表は「一般ユーザー向けに認知してもらえることが楽しみ」と感想を述べ、「純島産のバニラ、牛乳や卵を使って子どもへのおやつを作ってほしい」と話した。

 サーターアンダギーのシークワーサー、バニラビーンズは同日から、ゆらてぃく市場で販売されている。このほか、石垣島フルーツランドはジェラートの試食を提供。西表島フルーツはドライパインなどを販売した。

関連記事

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

紀伊民報社

飲食街にも明かり ぼちぼち再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を自粛していた飲食店が、6月に入り続々と再開している。県内有数の飲食街である和歌山県田辺市湊の「味光路」にも、明かりがともり始めた。感染症対策をしつつ、...

足取られ…田植え実感 新得小

 新得小学校(合掌浩孝校長、児童211人)の5年生36人が2日、共働学舎新得農場で田植えに挑戦した。  同校では5年生の総合学習で、田植えから収穫、調理まで一貫して稲作について学ぶ。田植えの大...

宇部日報社

フェンスに傘やてるてる坊主で梅雨をテーマに飾り付け

 社会福祉法人むべの里中山(隅田典代理事長)の駐車場脇のフェンス(高さ1㍍20㌢、幅30㍍)に、季節感あふれる飾りが取り付けられた。色とりどりの傘33本と、愛らしいてるてる坊主73個が並び、行き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク