全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

センバツ出場決定 鶴岡東に歓喜の春

 第92回選抜高等学校野球大会(3月19日開幕、阪神甲子園球場)の出場全32校を決める選考委員会が24日、大阪市内で行われ、昨秋の東北大会で準優勝した鶴岡東高校(齋藤哲校長)が一般選考枠で選ばれた。同校のセンバツ出場は鶴商学園時代を含めて41年ぶり2度目。庄内勢としては羽黒が4強入りした2005年以来となる。

 24日午後3時、鶴岡東高校職員室。齋藤校長の前に電話機がセットされ、報道陣約30人も吉報の瞬間を押さえようと待機した。5分後。齋藤校長は唐突なコール音にすかさず反応、選考委員会からの鶴岡東選出の知らせに、カメラのフラッシュを浴びながら「ありがたくお受けします」と応じた。

 体育館では66人の部員が整列して待っていた。齋藤校長からセンバツ出場決定が伝えられると、はにかんだような顔を互いに見交わしてざわざわ。その後は報道陣の写真撮影に応じ、喜びを爆発させた。

 鈴木喬主将(17)=鶴岡二中出身=は「昨年夏の甲子園に出場した先輩たちから教わった、考える野球、一つ一つ丁寧な野球をしっかりと受け継ぎ、自分たちの野球を貫いて一戦一戦全力で戦いたい」と表情を引き締めた。

 昨年夏の甲子園で、唯一2年生としてプレーし3回戦で先制点、同点打などで活躍した山路将太郎選手(17)=大阪・峰塚中出身=は「大きい舞台。自信を持つことが大事。夏よりも体重を10キロ近く増やして臨みたい」。

 昨秋の東北大会で2回戦、準決勝をいずれも6回コールドで完封するなど主戦級で活躍した太田陽都選手(17)=立川中出身=は、「チームの勝利に貢献する役割を担いたい。鶴岡東の活躍で地元に笑顔を与えられたら」と意気込んだ。

 1979年の鶴商学園時代のセンバツ初出場時、小学生だったという佐藤俊監督(48)は、「天理を倒した鶴商学園の野球にあこがれた。思い出がよみがえる」と感慨深げ。「しっかり準備してのぞむ。41年ぶりの夏春連続。歴史をつないできたことを生徒たちが意識して頑張ってほしい。全員に期待」と語った。

 「例年同様、新チームの特徴はまだつかめていない」(佐藤監督)とするも、鶴東野球が代々目指してきたのは「総合力」。層の厚さと部員間の切磋琢磨が、攻守にわたって隙のない野球を引き上げる。

 大会の組み合わせ抽選会は3月13日(金)。

鈴木主将を胴上げしてセンバツ出場決定を喜び合う部員たち=24日、鶴岡東高体育館

関連記事

長野日報社

「駒ケ岳ロープウェイ」予約システム実証実験 コロナ対策「満足」6割 

 駒ケ根市、飯島町、中川村、宮田村の伊南地域の住民を無料モニターにした「中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ」の予約システム実証実験が13日、全日程を終了した。事前にオンラインで予約した127人が、定...

紀伊民報社

大たいまつは中止 那智の扇祭り大幅縮小

 和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社(男成洋三宮司)で14日、例大祭「那智の扇祭り」(重要無形民俗文化財)があった。例年なら、多くの観客でにぎわう大たいまつによる勇壮な「御火(おひ)行事」を...

荘内日報社

「出掛けたいが、遠出はちょっと…」 地元の宿で“身近な非日常”を

 鶴岡市のDEGAM(デガム)鶴岡ツーリズムビューロー(理事長・皆川治市長)と鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)は、地元の宿を応援する共同企画「つる宿」を実施している。市民・県民限定で市内の温泉旅館・...

JAXAが大気球実験 予定高度に届かず 大樹で今年度初

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日早朝、町内の町多目的航空公園内の大樹航空宇宙実験場で、気球内の気圧を高く保つスーパープレッシャー(SP)気球を放球した。上昇速度が上がらず、予定してい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク