全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」

プレオープンで公開された光と音のショー

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に並んだオブジェに光と音楽が融合するイリュージョンなど幻想的な空間を演出する。

 「光と音のファンタジックショー」では、大小300の円すいと球体などの内部に仕込まれたLED(発光ダイオード)が、テンポ良く切り替わる音楽に合わせ、赤や青など色とりどりに変化する。時間は午後7時、同7時半、同8時、同8時半の1日4回。

 2部構成で行われ、前半は邦楽の話題曲を中心に、後半は令和最初のNHK紅白歌合戦でも披露された「パプリカ」の英語版など外国人観光客にも親しみやすい楽曲を選んだ。

 24日夜には報道機関など関係者向けにプレオープン。林文昭実行委員長(町十勝川温泉観光協会会長)は「冬の十勝川温泉を楽しく過ごしてもらえることはありがたい。最後まで光のファンタジーを楽しんでほしい」と述べた。

 会場内の休憩ラウンジ「アイスプロムナード」では、モール豚のホットドッグ(400円)やモールショコレ(350円)といった飲食も提供している。

 午後9時まで。入場無料。十勝が丘公園内の駐車場は土・日曜、祝日のみ有料(1回100円)。問い合わせは実行委事務局(0155・32・6633)へ。

関連記事

長野日報社

華やか「つるしびな」 旧井澤家住宅を彩る

長野県伊那市西町の旧井澤家住宅=市有形文化財=で19日、桃の節句にちなんだ展示「ひな祭り・繭玉飾り」が始まった。江戸時代の押し絵びなや大正時代の内裏びな、平成の段飾り、手作りのつるしびななど約...

長野日報社

「鳥」のバス停完成 藝大生が園児と手作りアート

長野県伊那市高遠第2・第3保育園の年中、年長児が17日、園近くにある荒町バス停に手作りのアート作品を飾った。東京藝術大学大学院の高井碧さんらが、同市高遠町の国道152号沿いで進めている「バス停...

雪踏みしめアートに 食や犬ぞり体験も 中札内

 雪を楽しむイベント「スノーアートヴィレッジなかさつない2020」(中札内村観光協会主催)が15日、中札内農村休暇村フェーリエンドルフで始まった。キャンバスに見立てた雪原をスノーシューで歩いて...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク