全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」

プレオープンで公開された光と音のショー

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に並んだオブジェに光と音楽が融合するイリュージョンなど幻想的な空間を演出する。

 「光と音のファンタジックショー」では、大小300の円すいと球体などの内部に仕込まれたLED(発光ダイオード)が、テンポ良く切り替わる音楽に合わせ、赤や青など色とりどりに変化する。時間は午後7時、同7時半、同8時、同8時半の1日4回。

 2部構成で行われ、前半は邦楽の話題曲を中心に、後半は令和最初のNHK紅白歌合戦でも披露された「パプリカ」の英語版など外国人観光客にも親しみやすい楽曲を選んだ。

 24日夜には報道機関など関係者向けにプレオープン。林文昭実行委員長(町十勝川温泉観光協会会長)は「冬の十勝川温泉を楽しく過ごしてもらえることはありがたい。最後まで光のファンタジーを楽しんでほしい」と述べた。

 会場内の休憩ラウンジ「アイスプロムナード」では、モール豚のホットドッグ(400円)やモールショコレ(350円)といった飲食も提供している。

 午後9時まで。入場無料。十勝が丘公園内の駐車場は土・日曜、祝日のみ有料(1回100円)。問い合わせは実行委事務局(0155・32・6633)へ。

関連記事

長野日報社

多「酒」多彩に酒蔵ツーリズム 伊南地域がモデルに

国税庁の「酒蔵ツーリズム推進事業」で、全国16カ所のモデル事例対象地域の一つに長野県の駒ケ根市、飯島町、宮田村、中川村の伊南地域が公募で選ばれた。伊南DMO設立準備会が申請していたもので、日本...

長野日報社

宮田村ワイン「紫輝」たる熟成 きょう発売

宮田村の特産ワイン「紫輝」のたる熟成の販売に先立ち、宮田村などは29日、発表会を同村の本坊酒造マルス信州蒸溜所で開いた。たる熟成のワインを製造するのは15年ぶり。たるの香ばしい香りと厚みのある...

長野日報社

今年の豊作願い田植え 下諏訪町の万治の石仏

長野県下諏訪町の諏訪大社下社春宮近くにある「万治の石仏」脇の田んぼで25日、田植えが行われた。下諏訪観光協会職員、町の地域おこし協力隊隊員、町職員など10人が長靴を履いて水田に入り、豊かに実る...

長野日報社

静かに咲き誇る大輪 「ぼたん寺」の遠照寺

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺でボタンの花が見頃となった。約160種ものボタンがそろい、「ぼたん寺」との名で親しまれている同寺。新型コロナウイルス感染拡大防止のために花期恒例の「ぼたん祭り」は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク