全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

バスジャックへの対応を再確認 市交通局で県内事業者が訓練【宇部】 

拳銃を持ち子どもを人質に取る犯人役(市交通局で)

 バスジャックへの対応を確認する訓練が24日、宇部市善和の市交通局で開かれた。県内のバス事業者29社から80人が参加。発生から関係機関への連絡など一連の流れの習熟を図り、万が一に備えた。山口運輸支局(山口昭博支局長)、県バス協会(河内秀夫会長)、県警主催。

 東京五輪・パラリンピックの開催まで半年を切り、テロなどに備えるために実施された。宇部での開催は2016年以来4年ぶりとなる。  訓練は、乗客約20人を乗せた貸し切りバスが、拳銃を持った男に乗っ取られる想定。県警の捜査員が扮(ふん)した犯人役の男が子どもを人質に取り、抵抗した乗客1人に発砲。行き先を県庁に変更するように要求した。運転手は指示通りに車を走らせながら営業所に無線で連絡し、状況を伝えた。その後、駆け付けた警察官がバスを停車させ「落ち着いて話し合おう」などと説得して投降を促した。  座学では警察官が、日本バス協会が定めた「バスジャック統一対応マニュアル」に基づいて、緊急時の対応を説明した。  運転手として犯人とやりとりした同局交通事業課の前田徹さん(45)は「乗客の安全を第一に、犯人に従いつつ、特徴などを伝えた。冷静さを欠かずに対応することが大事だと再確認できた」と話した。

関連記事

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

紀伊民報社

飲食街にも明かり ぼちぼち再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を自粛していた飲食店が、6月に入り続々と再開している。県内有数の飲食街である和歌山県田辺市湊の「味光路」にも、明かりがともり始めた。感染症対策をしつつ、...

足取られ…田植え実感 新得小

 新得小学校(合掌浩孝校長、児童211人)の5年生36人が2日、共働学舎新得農場で田植えに挑戦した。  同校では5年生の総合学習で、田植えから収穫、調理まで一貫して稲作について学ぶ。田植えの大...

宇部日報社

フェンスに傘やてるてる坊主で梅雨をテーマに飾り付け

 社会福祉法人むべの里中山(隅田典代理事長)の駐車場脇のフェンス(高さ1㍍20㌢、幅30㍍)に、季節感あふれる飾りが取り付けられた。色とりどりの傘33本と、愛らしいてるてる坊主73個が並び、行き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク