全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

清流で寒晒そば仕込み 高遠そば組合

地元産の玄ソバを入れた網袋を粟沢川に浸すメンバー=20日午前、伊那市長谷

 伊那市の高遠そば組合は20日、江戸時代に高遠藩が将軍家に献上した寒晒そばの仕込み作業を同市長谷の粟沢川で行い、地元産の玄ソバを入れた網袋を清流に浸した。大寒から仕込み、立春の2月4日に揚げて寒風にさらす。「暑中信州寒晒蕎麦」として夏に市内7店で提供する。

 会員6人が水温3、4度の川に入り、網袋を浸してロープで固定した。今季は玄ソバ157・5キロを用意。7月11日からそば粉十割で各店150食、計1050食ほどを提供する予定だ。

 組合によると、寒晒そばはすっきりした、爽やかな味が特長。「香りは少ないが、甘みが楽しめる」といい、例年7月のうちには完売する。標高約900メートルの一帯も今冬は雪が少なく、「作業も楽にできた」とメンバー。引き揚げ後の乾燥の工程では「それなりの冷え込みがほしい」と望んでいた。

 同市高遠町のそば店「ますや」の店主で、副組合長の守屋豊さんは「年1回しか食べられない貴重なそば。多くの人に食べて頂きたい。今後も伝統を受け継いでいく」と話していた。

関連記事

海で体験スキューバ 生徒が海洋生物を観察 小浜小中

 【小浜】小浜小中学校PTA子ども育成部(内田美里部長)主催のスキューバダイビング体験が12日、小浜港沖で行われ、同校の生徒16人が海洋生物の観察を楽しんだ。  同校では2019年度から始まった竹...

長野日報社

鮮やか二度咲きヤマツツジ 伊那市西春近のかんてんぱぱガーデン

伊那市西春近のかんてんぱぱガーデンで、春と秋の二季にわたって咲くヤマツツジが見頃を迎えた。展示ホール近くに植わる1株が鮮やかな朱色の花を付け、地域の人たちの目を楽しませている。 ヤマツツジ...

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク