全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡「日本海寒鱈まつり」にぎわう

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が19日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。寒ダラ汁を広く紹介し、冬場の観光振興や誘客を図ろうと、鶴岡銀座商店街振興組合などで組織する実行委員会(阿部直人委員長)が主催し、32回目。この日は、例年と違い積雪もなく、一時は青空ものぞき、早々から老若男女問わず多くの人でにぎわい、熱々の寒ダラ汁に舌鼓を打っていた。

子どもたちも熱々の寒ダラ汁に大喜び

 車両通行止めにし歩行者天国となった銀座通り約450㍍区間に、地元の鶴岡銀座商店街女性の会や鶴岡魚市場青年部、鶴岡鮨商組合、飲食店、鮮魚店、北茨城・新潟・秋田の物産など約30団体が出店。主催した実行委員会によると、例年2万人近くの人が訪れ、今年も同様の人出があった。当日まで販売していたチケット2000枚は完売状態、用意していた寒ダラ汁8000食もほぼ売り切れたという。

鶴岡の会場には寒ダラ汁を求める人たちでにぎわった

 午前10時半のオープン時には各団体の寒ダラ汁を求めて幾つもの長蛇の列が見られた。会場では寒ダラ汁を1杯600円で販売。たつ(白子)の天ぷら、タラコのしょうゆ漬けなどタラを余すことなく使ったものや牛すじカレー、玉こんにゃく、海鮮丼など豊富なメニューが並んだ。来場者は白子やアブラワタ、岩ノリの入った熱々の汁をすすり、真冬の味覚を堪能していた。

 子どもと家族4人で訪れた同市の会社員、喜多島敏彦さん(42)は「2年前に東京から市内へ引っ越し、今回が初めての参加。オープンから程なくして来たが、既に長蛇の列ができていて驚いた。寒ダラはとても新鮮だった」と話していた。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク