全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

障害者のアート展「アールブリュット和歌山展」

障害者が自由に表現したアート作品が並ぶ「アールブリュット和歌山展」巡回展

 障害のある人たちの芸術作品を紹介する「アールブリュット和歌山展」巡回展が、和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館で開かれている。20~70代の45人が自由な感性で表現した絵画や陶芸など100点以上を展示している。16日まで。無料。  アールブリュットは、「加工されていない生(き)の芸術」などを意味するフランス語。英語では「アウトサイダーアート」と訳されている。  アートを通じ、障害者への理解を深めてもらおうと、県福祉事業団が県内の障害者支援5団体と連携して開催している。展示会は3回目。今回は4会場を巡回する。田辺市は3会場目で、初開催。  会場にはポップな色彩の絵画や見る者の想像をかき立てるペン画、虫型ロボットのオブジェ、ユニークな形の陶芸などが並ぶ。  作品の隣には作者一人一人のプロフィルを掲示。「普段は臆病で引っ込み思案だけれど、鉛筆を持つと力強い」「きちょうめんで、きれい好き」などと個性が伝わるメッセージを添えている。  県福祉事業団は「障害者アートの普及が目的。従来は事業所内のみの展示が主だった。多くの人に見てもらうことが制作の励みになる。制作者の内面や感性に触れてほしい」と来場を呼び掛けている。  鑑賞時間は午前9時半~午後5時。10日は休館。問い合わせは県福祉事業団(0739・47・6640)へ。

 巡回展は2月23日~3月7日、太地町太地の町立石垣記念館でもある。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク