全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも

近く十勝・芽室産の落花生に切り替える満寿屋ボヌール店のピーナツ付きクリームパン(右から杉山社長、藤井代表、ボヌール店の谷口宜司さん)

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を増やしたほか、満寿屋商店(同)も菓子パンの原料に採用し一部店舗で販売する。

 販促を展開しているのは芽室町上伏古地区の農家9戸で組織する十勝めむろ落花生グループ(藤井信二代表)。帯広畜産大や帯広信金などとプロジェクトを推進、昨年はLLP(生産者有限責任事業組合)を立ち上げ、LLPとは別に設立された合同会社(LLC)と連携し、レトルトのゆで落花生を商品化した。

十勝の全店に
 ダイイチは1月から壱号店を除く十勝全店と、札幌・旭川地区の複数の店舗で十勝・芽室産の殻付き落花生(1袋498円)の取り扱いを開始。藤井さんらが昨年2店舗で行った1日限定の販売イベントが好評で、取扱店舗の拡大に踏み切った。

ダイイチで販売している十勝・芽室産の殻付き落花生

 2月1日にも芽室、白樺、自衛隊前の3店で店頭販売イベントを開き、藤井さんら生産者グループが参加する予定。中村浩昌果物担当バイヤーは「地場産に対する消費者の関心は高い。商品がある限り、販売を続けたい」と語る。

外国産から移行
 満寿屋商店は今春にも、ボヌール店(西17南3)限定で、定番商品のピーナツ付きクリームパン(140円)のトッピング用落花生を初めて十勝・芽室産に切り替える。20日には藤井さんを招き、試作品を披露した。杉山雅則社長は「外国産に比べて豆の香りが引き立つ。十勝で落花生の大規模栽培に取り組む心意気を応援したい」としている。

 芽室産落花生の販売先はこれまで、コープさっぽろなどに限られていた。藤井さんは「販路拡大で十勝グランナッツの知名度アップにつなげたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

長野日報社

参観日にパーティー 原小4年1組が角寒天作り

長野県原村の原小学校4年1組(牛山あゆみ教諭、32人)は今年度の総合的な学習で、角寒天作りに取り組んできた。18日には5回目となる「天出し」作業を行った。今後、天候や寒天の乾燥具合を見ながら1...

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

紀伊民報社

養殖魚の冷凍茶漬け

 近畿大学発のベンチャー企業「アーマリン近大」(和歌山県白浜町)は、養殖魚3種類(マダイ、シマアジ、クエ)を使用した「切り身まるごと 近大おさかな茶漬け」=写真=の販売をホームページで始めた。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク