全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

景雲中日本一、14年ぶり3回目

優勝の瞬間、雄叫びを上げ最後方で守り続けたGK和田選手に飛びつく釧路景雲の選手たち

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭のチーム。全道大会覇者として挑み、1回戦で日光を10―0、準々決勝で日光東を1―0、準決勝で埼玉県選抜を2―0でそれぞれ破り、2年連続で決勝に勝ち上がった。

 決勝では、初優勝を狙う東京都選抜と激突した。相手に先取点を奪われたが、体勢を立て直して反撃。逆転に成功すると、リズムをつかんで有利な展開に持ち込み、3―1で競り勝った。勝利の瞬間、喜びを爆発させた選手たちは、守護神のGK和田怜穏選手(2年)に駆け出し、抱き合って歓喜の輪をつくった。

 中学校での実戦経験が、昨季の3年生引退後からというメンバーばかりだったが、走り込みを徹底し、スピードとスタミナを身につけ、走り負けないアイスホッケーを確立した。個性あふれるチームメーートをけん引してきたFW辻崇太郎主将(3年)は「昨年、準優勝だった先輩たちを越えられて感動している。一人一人が頑張り、それぞれの役割を果たしたことで金メダルをつかめた」と笑顔で話した。

関連記事

長野日報社

蓼科日記の複製完成 小津監督や野田高梧ら日常つづる

 日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完...

豊橋美博古城で丸地展始まる

 豊橋市美術博物館で19日、考古学研究に尽力した元収入役の丸地古城(本名・幸之助、1886~1972年)の功績を紹介する企画展「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」(市文化財センター主催)が始まった。...

紀伊民報社

チョウ〝九死に一生〟 目玉模様で鳥欺く

 九死に一生を得る―。後ろ羽にある目玉模様を鳥に食べられたヒカゲチョウ(タテハチョウ科)が、和歌山県田辺市稲成町のふるさと自然公園センターで見つかった。  今回見つかった個体は、後ろ羽の一番大き...

荘内日報社

人気「庄農うどん」作りに熱入る

 鶴岡市の庄内農業高校(加藤千恵校長)の「うどん部」(正式名称・農業部食品加工班、菅原愛花部長、部員18人)は、同市藤島地域の飲食店8店舗で展開中の「庄農うどん大作戦!」に、自分たちで製麺した「庄農う...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク