全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

こんなに氷がない年は珍しい 諏訪湖の御神渡り

御神渡りの出現を期待して観察を続ける宮坂宮司(左)や氏子総代たち=19日午前6時47分

暖冬の影響でいまだに氷が張らない諏訪湖。湖面に張った氷がせり上がる御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)が6日から毎朝続ける観察でも今季は薄氷が3回確認されただけだ。長年、冬の諏訪湖の観察を続けている宮坂清宮司(69)は「こんなに氷がない年は珍しい」と少し寂しげ。それでも宮司、総代の顔に諦めの色はない。

大寒までに薄氷3回

二十四節気の一つで一年で最も寒いとされる「大寒」を前にした19日朝も、宮司、総代の観察が行われた。湖面には穏やかな波が立ち、持参した温度計では、午前7時ごろの気温が氷点下2・5度、水温は2・5度。宮坂宮司は「中途半端な冷えだね」と苦笑いを浮かべた。「大寒」を境に季節は春へと向かい始める。ただ、直近で御神渡りが出現した2018年は2月に入ってから確認され、2月5日に拝観式を行っている。同宮司は「大寒を過ぎて一気に冷え込むこともあった。(御神渡りの)出現を期待し、祈ろう」。宮坂平馬大総代(66)は「水温が下がってきた。結氷に向けて状況は良くなってきた」と語った。

諦めるのはまだ早い

朝の観察が始まった6日は参加者が小刻みに震える寒さだった。「これから大寒に向けて気温が下がれば御神渡りができる」と前向きだった。ところが、8日の諏訪の気温は3月下旬~4月上旬の陽気となり、朝は雨が降った。傘をさしての水温測定に総代らの表情も曇った。

だが、17日には再び冷え込み、3回目の薄氷発見。「今にも消えそうだけど氷が張った」などと喜びの声が上がった。「諦めるのはまだ早い」

長野地方気象台によると、諏訪の気温は観察初日に今季最低の氷点下6・1度を記録したが、8、9、10日は最低気温が氷点下にすらならなかった。16、17日は氷点下4度台を記録したが平年を上回った。日本気象協会長野支店によると暖冬は、昨年に比べて偏西風の位置が北に偏っているのが原因という。偏西風の影響で今後も寒気が入りにくく、気温は昨年を上回る見通しだ。

氷点下10度が一つの目安

神様の恋路と言い伝えられ、全国から注目を集める御神渡りは昭和の終わりから、御神渡りができない「明けの海」が増えている。過去10年で御神渡りができたのは3回のみ。それでも一昨年は2月2日に御神渡りができた。氷がせり上がるには湖面が全面結氷し、氷点下10度近くまで冷え込む日が2、3日ほど続くのが一つの目安になるという。観察総代の笠原清一さん(62)は「暖冬でまだ氷が張っていないが、全面結氷するくらい冷え込んでほしい」、藤森雅史さん(62)は「観察総代として御神渡りを記録したい。氷点下10度まで冷えてくれれば」と期待している。

関連記事

長野日報社

華やか「つるしびな」 旧井澤家住宅を彩る

長野県伊那市西町の旧井澤家住宅=市有形文化財=で19日、桃の節句にちなんだ展示「ひな祭り・繭玉飾り」が始まった。江戸時代の押し絵びなや大正時代の内裏びな、平成の段飾り、手作りのつるしびななど約...

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

応援メッセージ入りロケ弁スタッフらに届く

蒲郡で撮影中の映画「ゾッキ」  蒲郡市内で連日行われている映画「ゾッキ」の撮影で提供されている弁当“ロケ弁”に、市民らが寄せたメッセージも添えられ、撮影スタッフらの心の支えとなっている。映...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク