全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

参加者の走りに笑顔 原口選手(阪神)企画の慈善ラン

スタートの号砲とともに走りだす参加者に手を振る原口文仁選手(18日、すさみ町周参見で)

 プロ野球・阪神タイガースの原口文仁選手(27)が大会実行委員長を務める慈善イベント「チャリティーランフェスティバル」が18日、和歌山県すさみ町周参見の町総合運動公園であった。参加者は1周約1キロの周回コースを走り、心地よい汗を流した。

 原口選手の背番号に合わせて「94」のゼッケンを付けてスタート位置についた参加者を前に、原口選手は「楽しく走りましょう」とあいさつ。スタートの号砲を鳴らして参加者が走りだすと、笑顔で手を振って応じた。
 原口選手のユニホームを着て参加した和歌山市藤戸台小6年の山本倖太郎君(11)は「この日のために練習してきた。一生懸命走りたい」と話し、友人らと参加した田辺市江川、主婦大西祥子さん(29)は「タイムは気にせず、楽しく走りたい」と話した。
 会場には飲食物を販売する区画ができたほか、男性グループ「ET―KING」によるライブもあった。元阪神の狩野恵輔さん、田辺市出身の浜中治さんも来場して盛り上げた。
 このイベントは、大腸がん手術を経験した原口選手が、療養中の昨年3月に町を訪れたことがきっかけになり、企画した。参加費の一部を、がん患者支援団体に寄付する。全国から913人(168チーム)が参加した。
 岩田勉町長は「原口選手の熱い思いがこの大会を生みだしてくれた。立派な大会ができることを本当にうれしく思う」と話した。

関連記事

長野日報社

華やか「つるしびな」 旧井澤家住宅を彩る

長野県伊那市西町の旧井澤家住宅=市有形文化財=で19日、桃の節句にちなんだ展示「ひな祭り・繭玉飾り」が始まった。江戸時代の押し絵びなや大正時代の内裏びな、平成の段飾り、手作りのつるしびななど約...

長野日報社

「鳥」のバス停完成 藝大生が園児と手作りアート

長野県伊那市高遠第2・第3保育園の年中、年長児が17日、園近くにある荒町バス停に手作りのアート作品を飾った。東京藝術大学大学院の高井碧さんらが、同市高遠町の国道152号沿いで進めている「バス停...

雪踏みしめアートに 食や犬ぞり体験も 中札内

 雪を楽しむイベント「スノーアートヴィレッジなかさつない2020」(中札内村観光協会主催)が15日、中札内農村休暇村フェーリエンドルフで始まった。キャンバスに見立てた雪原をスノーシューで歩いて...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク