全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高のあんパン 鈴木知事も絶賛

鈴木知事に受賞作のパンを手渡す(左2人目から)清水高の山田さん、藤田さん、曽根さん

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知事に受賞したパンを振る舞った。

 大会は全道から3人一組の高校生が集まり、地元の特産品などを使った製パン技術を競い合う。道産小麦の産地である岩見沢で毎年開催し、昨年で7回目を数えた。

 山田さんは受賞作「サンティエルージュ・ドゥ・カンパーニュ」について「清水町の小豆であんを作り、蜜(糖蜜)を使ってこくを出した。生地を3層にして見た目もきれいにした」と説明。試食した鈴木知事は「生地は歯応えがあり、あんはしっとり。とてもおいしい」と感想を語った。

 卒業後は山田さんと曽根さんが就職、藤田さんは専門学校へ進学、3人ともパン職人を目指す。「勉強してまたいい結果を出したい」(藤田さん)、「たくさんの人にパンの良さを伝えられたら」(曽根さん)、「高校で学んだ技術を就職先でも生かしたい」(山田さん)と話していた。

関連記事

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

長野日報社

参観日にパーティー 原小4年1組が角寒天作り

長野県原村の原小学校4年1組(牛山あゆみ教諭、32人)は今年度の総合的な学習で、角寒天作りに取り組んできた。18日には5回目となる「天出し」作業を行った。今後、天候や寒天の乾燥具合を見ながら1...

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

紀伊民報社

養殖魚の冷凍茶漬け

 近畿大学発のベンチャー企業「アーマリン近大」(和歌山県白浜町)は、養殖魚3種類(マダイ、シマアジ、クエ)を使用した「切り身まるごと 近大おさかな茶漬け」=写真=の販売をホームページで始めた。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク