全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

人間国宝2氏が至極の芸 大和、琉球、八重山の芸能競演 太鼓公演

「能囃子方小鼓」の技を披露する人間国宝の大倉源次郎氏(左)=17日夜、石垣市民会館大ホール

「組踊音楽太鼓」の腕前を見せる人間国宝の比嘉聰氏(左)=同

「大胴・小胴・太鼓の段のもの」を披露する同保存会=同

 「『琉球古典芸能~能楽』八重山に集う」(同実行委員会主催)が17日夜、石垣市民会館大ホールであり、国の重要無形文化財保持者(人間国宝)「組踊音楽太鼓」の比嘉聰氏、「能囃子方小鼓」の大倉源次郎氏、石垣市登野城に伝わる太鼓の伝統芸能「大胴(うーどぅ)・小胴(くーどぅ)・太鼓の段のもの」の保存会が出演。観客らは大和、琉球、八重山の芸能の競演を楽しんだ。

 2017年秋に人間国宝として認定を受けた両氏の同時認定を記念する公演。大倉さんは「大胴・小胴・太鼓の段のもの」の復元、継承に長年協力している。

 公演で大倉氏は、組踊の創始者・玉城朝薫が薩摩で舞ったとされる「連調 東北『軒端の梅』」と「一調一声 三井寺」で、坂井音雅さんの謡とともに小鼓を打ち鳴らし磨き抜かれた技芸を披露。

 比嘉氏は組踊『執心鐘入』の抜粋シーンを上演。緩急自在に太鼓を響かせ、迫りくる鬼女の狂気を表現した。

 「大胴・小胴・太鼓の段のもの」の保存会は、約400年間伝わるとされる同芸能を披露したほか、御冠船踊り『扇子踊』の上演で失われた出ばやしを担当し、かつての宮廷芸能の風景を再現した。

 華千の会與那國久枝八重山のおどり稽古道場の門下生らが「蔵ぬ花」で公演に花を添えた。

 公益財団法人沖縄県文化振興会の2019年度文化活動支援助成事業を活用した。

関連記事

長野日報社

鮮やか二度咲きヤマツツジ 伊那市西春近のかんてんぱぱガーデン

伊那市西春近のかんてんぱぱガーデンで、春と秋の二季にわたって咲くヤマツツジが見頃を迎えた。展示ホール近くに植わる1株が鮮やかな朱色の花を付け、地域の人たちの目を楽しませている。 ヤマツツジ...

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク