全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

人間国宝2氏が至極の芸 大和、琉球、八重山の芸能競演 太鼓公演

「能囃子方小鼓」の技を披露する人間国宝の大倉源次郎氏(左)=17日夜、石垣市民会館大ホール

「組踊音楽太鼓」の腕前を見せる人間国宝の比嘉聰氏(左)=同

「大胴・小胴・太鼓の段のもの」を披露する同保存会=同

 「『琉球古典芸能~能楽』八重山に集う」(同実行委員会主催)が17日夜、石垣市民会館大ホールであり、国の重要無形文化財保持者(人間国宝)「組踊音楽太鼓」の比嘉聰氏、「能囃子方小鼓」の大倉源次郎氏、石垣市登野城に伝わる太鼓の伝統芸能「大胴(うーどぅ)・小胴(くーどぅ)・太鼓の段のもの」の保存会が出演。観客らは大和、琉球、八重山の芸能の競演を楽しんだ。

 2017年秋に人間国宝として認定を受けた両氏の同時認定を記念する公演。大倉さんは「大胴・小胴・太鼓の段のもの」の復元、継承に長年協力している。

 公演で大倉氏は、組踊の創始者・玉城朝薫が薩摩で舞ったとされる「連調 東北『軒端の梅』」と「一調一声 三井寺」で、坂井音雅さんの謡とともに小鼓を打ち鳴らし磨き抜かれた技芸を披露。

 比嘉氏は組踊『執心鐘入』の抜粋シーンを上演。緩急自在に太鼓を響かせ、迫りくる鬼女の狂気を表現した。

 「大胴・小胴・太鼓の段のもの」の保存会は、約400年間伝わるとされる同芸能を披露したほか、御冠船踊り『扇子踊』の上演で失われた出ばやしを担当し、かつての宮廷芸能の風景を再現した。

 華千の会與那國久枝八重山のおどり稽古道場の門下生らが「蔵ぬ花」で公演に花を添えた。

 公益財団法人沖縄県文化振興会の2019年度文化活動支援助成事業を活用した。

関連記事

陸自配備計画 カンムリワシの保全を 市民連絡会が環境省あて要請 繁殖を阻..

 平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会(共同代表・上原秀政氏ら5人)は20日、「駐屯地建設により、特別天然記念物で絶滅危惧種に指定されているカンムリワ...

長野日報社

高遠の「恵みと癒やし」香りに 高校生が商品化

高遠高校(長野県伊那市)で選択授業「地域の科学」を受講する2年生6人は20日、高遠に自生する香木クロモジと、タカトオコヒガンザクラのエキスを配合した香りの商品「高遠美山の香り」について、今春の...

武漢の病院へ防護服とマスクを送る

豊橋在住の中国人・黄鑠屏さん  豊橋市在住の中国人で、中国アジア経済発展協会対外交流委員会に所属する黄鑠屏さん(43)が、中国・武漢の病院へ防護服とマスクを送付した。送付には豊橋の企業も協...

荘内日報社

感染者の対処法など確認

 国や県、港湾利用者らが酒田港の保安対策を話し合う「酒田港保安委員会」(委員長・安食稔也県港湾事務所長)が19日、酒田市の県港湾事務所で開かれた。新型コロナウイルス感染症対策について情報交換し、感染...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク