全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

児童が重文のかやぶき屋根のふき替え

ふき替え作業を体験する子どもたち(月輪寺で)

 山口市徳地上村の月輪寺(中村棟俊住職)で、国の重要文化財に指定されている薬師堂のかやぶき屋根のふき替えが行われている。11日には島地小の5、6年生15人が訪れ、ふき替え作業を体験して地元の文化財への理解を深めた。子どもたちは職人の指導で足場に上がり、一列になって大人の背丈ほどもあるカヤを屋根に敷き詰めた。均等に広げてずれないよう、竹と麻ひもで固定し、角度をつけるため木製の道具で端をトントンとたたいた。

 中村住職(82)は「瓦とは一味違った美しさがかやぶきの魅力。目にする機会は減ったが、子どもたちに体験してほしかった」と思いを語った。前回は20年前の1998~99年に実施。最近ではコケが増え、カヤが薄くなって雨漏りの恐れがあった。今年3月から古い屋根の解体を始め、7月中旬の完成を目指している。熊本県阿蘇市で収穫されたススキを使用しており、修理を請け負う京都府城陽市の山城萱葺(かやぶき)によると「屋根の面積は372平方メートルで、すべてのふき替えには10トントラックで5台分のカヤが必要」という。

 聖徳太子が開いた同寺の薬師堂は、1189年に俊乗房重源上人によって現在地に移築・再興されたと伝わる。内部の厨子(ずし)には秘仏の薬師如来像が安置されており、20年に1度本開帳されている。 

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク