全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

児童が重文のかやぶき屋根のふき替え

ふき替え作業を体験する子どもたち(月輪寺で)

 山口市徳地上村の月輪寺(中村棟俊住職)で、国の重要文化財に指定されている薬師堂のかやぶき屋根のふき替えが行われている。11日には島地小の5、6年生15人が訪れ、ふき替え作業を体験して地元の文化財への理解を深めた。子どもたちは職人の指導で足場に上がり、一列になって大人の背丈ほどもあるカヤを屋根に敷き詰めた。均等に広げてずれないよう、竹と麻ひもで固定し、角度をつけるため木製の道具で端をトントンとたたいた。

 中村住職(82)は「瓦とは一味違った美しさがかやぶきの魅力。目にする機会は減ったが、子どもたちに体験してほしかった」と思いを語った。前回は20年前の1998~99年に実施。最近ではコケが増え、カヤが薄くなって雨漏りの恐れがあった。今年3月から古い屋根の解体を始め、7月中旬の完成を目指している。熊本県阿蘇市で収穫されたススキを使用しており、修理を請け負う京都府城陽市の山城萱葺(かやぶき)によると「屋根の面積は372平方メートルで、すべてのふき替えには10トントラックで5台分のカヤが必要」という。

 聖徳太子が開いた同寺の薬師堂は、1189年に俊乗房重源上人によって現在地に移築・再興されたと伝わる。内部の厨子(ずし)には秘仏の薬師如来像が安置されており、20年に1度本開帳されている。 

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク