全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを設置した。開設場所はワカサギ釣りのポイントにも近く、観光だけでなく釣り客の利用も見込んでいる。

氷上に設置したカフェ「シフトコーヒー」

 カフェは、アイスバブルカフェ「シフトコーヒー」と名付け、ホットコーヒー(500円)、ホットカルピス(400円)、タピオカミルクティー(ホットのみ。800円)などを販売する。日曜日を中心に日時限定でオープンする。

 アイスバブルは、湖底の堆積物から出ているガスが氷に閉じ込められてきれいな模様を描く。同協会によると、昨年は雪が少なく、風が吹くと雪などで氷の表面が磨かれる状態となり、きれいに見ることができた。地元の写真家がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で写真を発信するなどして観光スポットとなった。

 今シーズンは、氷上に積もった雪がみぞれや暖気で解けるなどしたため氷の表面がきれいではなく、昨年のようなアイスバブルは期待できないという。それでも同協会は、昨年末にアイスバブルがよく見える箇所をシートで覆って確保。この場所にワカサギ釣り用のテントも設置した。アイスバブルのテントは3月まで常設し、カフェが営業していなくても自由にアイスバブルを鑑賞できる。

カフェ横のテントで見ることができるアイスバブル

 同協会は「アイスバブルと、なかなか体験できない糠平湖上でのカフェでのんびりしてもらえれば」としている。

 カフェとアイスバブルのテントは、国道273号沿いの五の沢駐車帯から湖上方向へ踏み跡をたどり15分ほど歩いたところにある。防寒具と長靴は必要。問い合わせは町観光協会(町役場内、01564・7・7272)へ。天候などにより営業できない場合もある。営業時間は19日のみ正午~午後3時、その他は午前10時~午後2時。

 カフェの営業日時は次の通り。

▽1月=19日、26日 ▽2月=2日、8日、9日、15日、23日、24日 ▽3月=1日

関連記事

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会 帯広

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

長野日報社

下諏訪レガッタ 59クルーが熱戦繰り広げる

ボートの第39回下諏訪レガッタ(下諏訪町、県ボート協会主催、長野日報社など後援)は13日、下諏訪町の下諏訪ローイングパークで開いた。県内各地から59クルーが参加し、性別や年齢、レベルに応じた...

待ち望んだキャンパス

愛大豊橋校舎が歓迎イベント  豊橋市町畑町の愛知大学豊橋校舎で12日、今年4月入学の1年生を対象に「ウェルカムキャンパスフェスタ」が開かれた。新型コロナウイルス感染拡大で前期は1度も通学機会...

豊橋で消防・救急フェスタ

 救急の日(9日)を前に、豊橋市消防本部による「消防・救急フェスタinナイトZOO」が5日、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)であった。来園客は消火や救助活動で出動する車両を見学したほか、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク