全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを設置した。開設場所はワカサギ釣りのポイントにも近く、観光だけでなく釣り客の利用も見込んでいる。

氷上に設置したカフェ「シフトコーヒー」

 カフェは、アイスバブルカフェ「シフトコーヒー」と名付け、ホットコーヒー(500円)、ホットカルピス(400円)、タピオカミルクティー(ホットのみ。800円)などを販売する。日曜日を中心に日時限定でオープンする。

 アイスバブルは、湖底の堆積物から出ているガスが氷に閉じ込められてきれいな模様を描く。同協会によると、昨年は雪が少なく、風が吹くと雪などで氷の表面が磨かれる状態となり、きれいに見ることができた。地元の写真家がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で写真を発信するなどして観光スポットとなった。

 今シーズンは、氷上に積もった雪がみぞれや暖気で解けるなどしたため氷の表面がきれいではなく、昨年のようなアイスバブルは期待できないという。それでも同協会は、昨年末にアイスバブルがよく見える箇所をシートで覆って確保。この場所にワカサギ釣り用のテントも設置した。アイスバブルのテントは3月まで常設し、カフェが営業していなくても自由にアイスバブルを鑑賞できる。

カフェ横のテントで見ることができるアイスバブル

 同協会は「アイスバブルと、なかなか体験できない糠平湖上でのカフェでのんびりしてもらえれば」としている。

 カフェとアイスバブルのテントは、国道273号沿いの五の沢駐車帯から湖上方向へ踏み跡をたどり15分ほど歩いたところにある。防寒具と長靴は必要。問い合わせは町観光協会(町役場内、01564・7・7272)へ。天候などにより営業できない場合もある。営業時間は19日のみ正午~午後3時、その他は午前10時~午後2時。

 カフェの営業日時は次の通り。

▽1月=19日、26日 ▽2月=2日、8日、9日、15日、23日、24日 ▽3月=1日

関連記事

長野日報社

華やか「つるしびな」 旧井澤家住宅を彩る

長野県伊那市西町の旧井澤家住宅=市有形文化財=で19日、桃の節句にちなんだ展示「ひな祭り・繭玉飾り」が始まった。江戸時代の押し絵びなや大正時代の内裏びな、平成の段飾り、手作りのつるしびななど約...

長野日報社

「鳥」のバス停完成 藝大生が園児と手作りアート

長野県伊那市高遠第2・第3保育園の年中、年長児が17日、園近くにある荒町バス停に手作りのアート作品を飾った。東京藝術大学大学院の高井碧さんらが、同市高遠町の国道152号沿いで進めている「バス停...

雪踏みしめアートに 食や犬ぞり体験も 中札内

 雪を楽しむイベント「スノーアートヴィレッジなかさつない2020」(中札内村観光協会主催)が15日、中札内農村休暇村フェーリエンドルフで始まった。キャンバスに見立てた雪原をスノーシューで歩いて...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク