全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

土俵の稲わら提供 栽培した児童が両国国技館へ

育てた白毛餅の稲わらを手に、大相撲観戦への期待を膨らませる新山小の5年生

伊那市新山小学校の5年生4人は、育ててきた古代米「白毛餅」の稲わらを、東京・両国国技館で行われている大相撲初場所の土俵作りに提供した。17日には国技館を訪れて初場所を観戦する。実際に土俵で使われている様子を見て、これまでの活動成果を感じる機会にしようと計画。児童たちは「どのように使われているのか、自分たちの目で確かめたい」と期待に胸を膨らませている。

総合学習の一環として、児童は昨年4月から学校近くの田んぼで、伊那谷に伝わるもち米「白毛餅」を栽培。児童の米作りを支えてきた上伊那農民組合(南箕輪村)の紹介で、大相撲の土俵に使う俵を作る「南信州米俵保存会」(飯島町)の呼び掛けに応じ、わらをすべて提供した。

収穫した稲わらは200キロほど。保存会代表の酒井裕司さん(44)によると、白毛餅はコシヒカリより草丈が40センチほど長く、太くて丈夫なため土俵作りに適しているという。保存会がわらを編み、土を入れて使う俵の材料「こも」にして届けた。

大相撲の土俵は本場所ごとに作り替え、地方場所を含め年6回製作する。同校のわらは初場所で使用され、土俵場にある円の外側に設けた正方形の枠「角俵」の一部と、土俵に上がる段として東西南北に配置された「踏み俵」に使われている。

16日は同校で大相撲観戦の打ち合わせがあり、子どもたちが日程や予算を確かめた。日帰り旅行の費用には、10月に恒例行事「新山まつり」で販売した白毛餅の売上金を充てた。

男子児童は「わくわくする。調べているうちに相撲に興味が湧いた」。女子児童は「土俵のどの部分に使われているのかしっかりと見て、家族に教えたい」と笑顔を見せた。

酒井さんは「自分たちの育てたわらが国技を支えるという体験を通して、誇りや相撲への興味を持ってもらえたら」としている。保存会では今後、希望のあった小学校からわらを預かり、修学旅行の日程に合わせて土俵作りに生かしていくという。

関連記事

エゾリス救う協力を ネットで研究費募る 帯広畜大特任講師 浅利さん

 帯広畜産大の浅利裕伸特任講師が、エゾリスの交通事故を減らすための研究にかかる費用をクラウドファンディング(CF)で募っている。林と林をつなぐエゾリスの歩道橋の活用状況などを調べ、より効果的な方法...

宇部日報社

二俣瀬小に新体育館

 二俣瀬小(久保田智子校長、35人)の新体育館「日吉の森アリーナ」の竣工(しゅんこう)記念式典と記念行事の大相撲二俣瀬場所が16日、同体育館で行われた。卒業生や地域住民、工事関係者ら約200人が...

釧路新聞社

今季最多1903人、熱い声援【釧路】

 釧路を本拠地とするアイスホッケークラブチームのひがし北海道クレインズは16日、日本製紙アイスアリーナで、アジアリーグ2019―20のレギュラーリーグ最終戦で、王子イーグルスと対戦し、3―6で敗れ...

人形劇に子どもら笑顔 9団体が11演目披露 九州フェス石垣島大会

 第56回九州人形劇フェスティバル石垣島大会(主催・九州人形劇サークル協議会、児童文化サークルくにぶん木の会)が16日、大浜公民館で行われ、くにぶん木の会を含む9団体が11演目を披露、会場に子どもた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク