全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

北方領土返還 思い胸に

 

北方領土返還要求全国大会で「四島の記憶」のステージが決まったヒートボイス(写真は18年11月、北方領土問題地域学習会でのお披露目)

釧路を拠点に音楽活動を展開するフォークデュオ「ヒートボイス」が2月7日、国立劇場(東京)で開かれる、北方領土返還要求全国大会(同実行委主催)のステージに立ち、千島歯舞諸島居住者連盟の依頼を受けて、創作した公式ソング「四(し)島(ま)の記憶」を歌う。ヒートボイスが、北方四島の返還実現を掲げる国内最大の舞台で、元島民の思いを胸に歌い上げる。

ヒートボイスは2018年6月、千島歯舞諸島居住者連盟釧路支部(堀江則男支部長)から「歌の力で返還運動の機運を高めたい」という要望に応え、目黒広幸さんが作詞、伊藤カズヒロさんの作曲で「四島の記憶」を制作した。故郷・北方領土の情景が浮かぶスローバラードで、元島民からの言葉も編まれている。

 ヒートボイスは18年11月、釧路市内での北方領土問題地域学習会でのお披露目以降、コンサートやイベント、町内会の夏祭りなどで歌い続けているほか、19年9月に根室市の納沙布岬で行われた平和集会でも熱唱。北方四島への自由訪問で見送りの際にも根室港で流されている。

 北方領土返還要求全国大会は1981年以来、毎年2月7日の「北方領土の日」に東京で開催。内閣総理大臣をはじめ各政党代表、政府、元島民、返還運動団体が一堂に会し、北方領土返還要求運動の発展を願い、領土の早期返還を求める決意を官民を上げて内外に表明する。

ヒートボイスのステージは、同実行委が「四島の記憶」の曲そのものが持つ力、歌を生かして情報発信を続けているヒートボイスの取り組みなどを評価し採用した。第1部のトーク終了後と第2部の式典終了後の2回、予定されており、「四島の記憶」に加えヒートボイスの代表曲「エール」も披露する。

 当日、約1700人の参加者が一緒に「四島の記憶」を歌えるよう、式次第のリーフレットとともに歌詞カードも配布する。ヒートボイスの伊藤カズヒロさんは「機会あるたびに歌ってきた。同時に、たくさんの人から北方領土へのたまらない思い、切実な声を聞いてきた」と振り返った。国立劇場のステージに立つのは初めてだが気負いはなく「大変栄誉なことで厳粛に受け止めている。緊張しながらも最高の歌を届けたい」と語った。堀江支部長は「『四島の記憶』が世に出て、わずか1年ほどで全国大会で発表できる。夢がかなった思いでうれしい。ヒートボイスには心に染みる歌を響かせてほしい」と期待している。

関連記事

宇部日報社

「ゆう太」「ゆう子」がスペイン応援衣装

 山口市湯田温泉のマスコットキャラクター「ゆう太」「ゆう子」が20日、亀山町の山口天使幼稚園(上田真由美園長)で、ホストタウンのスペインを応援するために作った衣装を初披露した。年長児88人が、フ...

陸自配備計画 カンムリワシの保全を 市民連絡会が環境省あて要請 繁殖を阻..

 平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会(共同代表・上原秀政氏ら5人)は20日、「駐屯地建設により、特別天然記念物で絶滅危惧種に指定されているカンムリワ...

長野日報社

高遠の「恵みと癒やし」香りに 高校生が商品化

高遠高校(長野県伊那市)で選択授業「地域の科学」を受講する2年生6人は20日、高遠に自生する香木クロモジと、タカトオコヒガンザクラのエキスを配合した香りの商品「高遠美山の香り」について、今春の...

武漢の病院へ防護服とマスクを送る

豊橋在住の中国人・黄鑠屏さん  豊橋市在住の中国人で、中国アジア経済発展協会対外交流委員会に所属する黄鑠屏さん(43)が、中国・武漢の病院へ防護服とマスクを送付した。送付には豊橋の企業も協...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク