全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ウポポイ応援団、開業をPR トークショーや音楽で 100日前イベントin白老

ウポポイへの期待を語り合う(左から)関根さん、森崎さん、石原さん、戸田町長

 白老町は、4月24日にオープンするアイヌ文化復興拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)の「開設100日前イベントinしらおい」を13日、町コミュニティーセンターで開いた。北海道を拠点に活動する俳優の森崎博之さんと戸田安彦町長らによるトークショーや、町観光大使・石原可奈子さん(39)のピアノとアイヌ伝統楽器ムックリ(口琴)のコラボ演奏といったプログラムをステージで展開し、ウポポイ開業に向けた機運を盛り上げた。

 13日は開設102日前だが、催しに参加しやすいよう開催を祝日のこの日に設定。町内外から約700人が集まった。イベントは、ウポポイの管理運営に当たる公益財団法人アイヌ民族文化財団(本部札幌)職員の川上さやかさんによるムックリ演奏で幕開け。戸田町長が主催者あいさつで「皆さまと一緒に開業の4月24日に向けて進んでいきたい。ウポポイの応援団になってPRしていただきたい」と呼び掛けた後、「102日前」を表示するカウントダウンボードを披露する除幕式に臨んだ。

 続いて、同町萩野で高校卒業まで暮らしたピアニスト石原さんがオリジナル曲を含め3曲を演奏したほか、白老アイヌ協会の中村幸子さんが奏でるムックリとのコラボ演奏でウポポイのキャンペーンソング「イランカラプテ~君に逢えてよかった」などを披露した。

 この後、上川管内東川町出身で演劇ユニット「TEAM NACS」のリーダーを務める森崎さん、平取町二風谷出身でアイヌ文化を発信する大学生関根摩耶さん(20)、石原さん、戸田町長の4人によるトークショーを行い、アイヌ文化への思いやウポポイへの期待を語り合った。

 アイヌ文化について森崎さんは「先人が自然との共生で育んだ文化を学び、次代に引き継ぐことが大切」とし、関根さんは「(ウポポイは)アイヌ自身が主体的に運営する施設であり、アイヌ語や文化が尊重される社会づくりにつながれば」と述べた。石原さんも「ウポポイでアイヌ文化を体験し、もっと知りたくなるような場になってほしい」と期待し、戸田町長は「白老から世界にアイヌ文化を発信したい」と力を込めた。

 会場のロビーでは、来場者がウポポイPRの公式キャラクター「トゥレッポん」の着ぐるみと一緒に写真を撮ったり、アイヌ民族衣装の着衣体験を楽しんだりする光景が広がった。

町観光大使・石原さんのピアノと、白老アイヌ協会・中村さんのムックリのコラボ演奏も行われた

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク