全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

野球道具650点届く 八重山からザンジバルへ

石垣島から届いた野球道具を手にするザンジバルの学生たち=5日、ザンジバル武道館(提供)

 「ザンジバル野球支援プロジェクトIN石垣島2019」(ザンジバル野球を支援する会主催)で郡内から集まった中古の野球道具650点が5日、ザンジバル野球連盟に届いた。

 同プロジェクトは、野球環境が整っていないザンジバルに道具を提供し、環境づくりや競技普及を目的としたもの。

 八重山商工高校野球部監督の上原拓代表が中心となって呼び掛け、昨年7月29日から8月28日までの間にグローブ、バット、ユニホームなど650点が集まった。

 同校の野球部員や3年生の山口里菜さん、黒島彩友さんらが道具のメンテナンスや梱包(こんぽう)作業を行い、同年10月3日に石垣港運㈱の協力で石垣港から輸送。約3カ月の船旅を経て無事ザンジバルまで届いた。

 同連盟は今後、学校やクラブに割り振って配布を行う。新たに4チームが活動を開始できる見込みだという。

 上原代表は「3年前は300点以下で今回はその倍の数が集まった。本当にありがたいの一言。輸送に協力していただいた石垣港運㈱、部員たちも快く引き受けてくれた。少しでも発展途上国のために貢献できたのではないかと思う」と感慨深げ。「部員たちも世界に向け視野を広げる一つのきっかけになってくれたら」と語った。

 バットのグリップテープの張り替えなどを行った具志堅健人主将(17)は「環境がそろっていないから野球ができないと聞いたので、国境を越えて活躍できたのはうれしい。ザンジバルで大事に使ってくれることを願って手入れした。今まで当たり前のように野球をしていたが、ボール1つ、バット1本も大切にしていきたいと思う」と話した。

 今後、同会はザンジバル野球連盟から届くお礼状を添付し提供者全員に届ける予定。

関連記事

荘内日報社

対策講じ遊佐5小学校で入学式

 遊佐町内の5小学校で8日、入学式が行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から各校ともマスク着用、時間短縮といった対策を講じて実施。スーツやワンピースで着飾った1年生がピカピカのランドセルを背...

紀伊民報社

新型コロナで「苦渋の決断」 海開き延期

 和歌山県白浜町と白浜観光協会は、4年ぶりに5月3日の開催を予定していた白良浜の海開き(海水浴場の開設)や関連イベントの延期を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため。現時点で7月の海開き...

MOMO5号機 打ち上げへリハーサル IST・大樹

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は7日夜から8日早朝にかけて、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」5号機の打ち上げに向けたリハーサルを行...

釧路新聞社

シマエナガさん、文房具に【釧路】

  山一佐藤紙店(釧路市北大通8、佐藤公一郎社長)はこの春、北海道に生息する小鳥で、野鳥愛好家に人気のシマエナガをモチーフにした文房具「シマエナガさん」シリーズの新作を商品化した。第3弾の鉛筆、第...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク