全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芭蕉布作りに挑戦 奄美大島 先人の知恵学ぶ

卓上機で、自らが収穫し乾燥させた芭蕉糸を織り、芭蕉布作りに挑戦する参加者=12日、宇検村湯湾

 奄美で受け継がれてきた芭蕉布の再生と伝承を目指す「芭蕉繊維研究会」(南修郎会長)は11~12日、宇検村内で芭蕉糸作りと芭蕉布織りのワークショップを開いた。参加者はバショウの幹から繊維を取り出し、糸にして布を織るまでの一連の工程を手作業で体験し、先人たちの暮らしの知恵を学んだ。

原料は同会監事の内山初美さんが同村名柄で栽培したバショウを使った。初日は伐採したバショウの皮を剥ぎ、あくで煮詰めた後に不純物を取り除き残った繊維を室内で干して糸にするまでの工程を体験。最終日は、卓上機を使い、草木染した木綿糸を縦糸に、前日から干していた芭蕉糸を横糸にして、織り上げる工程を学んだ。10センチほど織り上げると、糸を結び、オリジナルのコースターが完成した。

 参加した名柄の鈴木進一さん(61)は「今私たちが引き継いでいかないと失われていく伝統技術。買うことしか考えていなかった衣服が、このようにして出来上がっていることを実感でき貴重な体験ができた」と話していた。

 内山さんは「先人たちは物がない時代に、自然のもので衣類を作る知恵をもっていた。大事に継承していきたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

対策講じ遊佐5小学校で入学式

 遊佐町内の5小学校で8日、入学式が行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から各校ともマスク着用、時間短縮といった対策を講じて実施。スーツやワンピースで着飾った1年生がピカピカのランドセルを背...

紀伊民報社

新型コロナで「苦渋の決断」 海開き延期

 和歌山県白浜町と白浜観光協会は、4年ぶりに5月3日の開催を予定していた白良浜の海開き(海水浴場の開設)や関連イベントの延期を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため。現時点で7月の海開き...

MOMO5号機 打ち上げへリハーサル IST・大樹

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は7日夜から8日早朝にかけて、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」5号機の打ち上げに向けたリハーサルを行...

釧路新聞社

シマエナガさん、文房具に【釧路】

  山一佐藤紙店(釧路市北大通8、佐藤公一郎社長)はこの春、北海道に生息する小鳥で、野鳥愛好家に人気のシマエナガをモチーフにした文房具「シマエナガさん」シリーズの新作を商品化した。第3弾の鉛筆、第...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク