全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

シラサギの群れなど観察 市民ら新春探鳥会を楽しむ

群れで行動するシラサギ=12日午前、石垣市名蔵

カモやサギを観察する参加者ら=12日午前、南風川橋

 毎年恒例の2020年新春探鳥会(石垣市環境課主催)が12日、市内であり、市民ら12人が水鳥などの観察を楽しんだ。カンムリワシ・リサーチの小林孝代表を講師に、野鳥の種類や生態について学んだ。

 観察1箇所目は名蔵アンパル南風川(ハイガー)橋。参加者らは、双眼鏡を手にカモやサギ類を観察。小林代表によると、同橋は島外からも愛鳥家が観察に訪れるほど貴重な場所だという。

 橋上からは10種類以上の水鳥を確認。木々で休憩したり水面に浮いたりする様子や鳴き声に耳を傾けた。

 小林代表は橋から確認できる前勢岳のゴルフ場開発予定地について「現在、鳥仲間によると予定地一帯でカンムリワシのペア4組が生息している。希少な鳥の住処が開発されることを認識してほしい」と説明した。

 家族で参加した當銘正吾君(8)=川原=は「カモがたくさんいて、オオバンも見つけた。普段、水鳥はあまり見ないので観察できてよかった」と少し照れた様子で話した。

 参加者はこの後、石垣ダムや大浜海岸でも観察を行った。

関連記事

荘内日報社

「紅花の守人」「丸八やたら漬」 映画撮影の思い 鶴岡まちキネ 佐藤監督と髙..

 山形県を舞台にしたドキュメンタリー映画「紅花の守人(もりびと)」と「丸八やたら漬 Komian」を上映中の鶴岡まちなかキネマで15日、両作品の監督・佐藤広一(こういち)さん(44)=天童市在住=とプ...

八重山古典民謡保存会 2年ぶり新春演奏会 45周年へ心一つに

 八重山古典民謡保存会(大浜修会長)の新春演奏会が16日夕、大川公民館で開かれ、会員25人余りが鷲ぬ鳥節や目出度節など全14曲を披露した。演奏会は2年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮...

荘内日報社

庄内町地酒消費拡大キャンペーン プレミアム付き購入券発行へ 2月1日から町..

 庄内町観光協会は11日、「庄内町地酒消費拡大キャンペーン」と銘打ち、同町内の酒蔵「鯉川酒造」と「やまと桜」が製造する地酒をお得に購入できる「プレミアム付き地酒購入券」の発行を発表した。購入券は町内1...

荘内日報社

若者の感性でラベルデザイン 清酒「清泉川」のオードヴィ庄内が純米酒2種発売 ..

雪若丸の特長生かし 粒立ち良さ立体的に  清酒「清泉川」のオードヴィ庄内(酒田市浜中、佐藤晴之社長)は今春、県産ブランド米「雪若丸」で醸造した初搾り純米酒「オードヴィヌーボー」2種を一般発売する。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク