全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

令和の新成人 門出 十勝3018人 16市町村で式典

 「成人の日」(13日)を前に12日、帯広市や音更町など16市町村で令和初の成人式が執り行われ、約3000人が大人への第一歩を踏み出した。新成人たちはスーツや振り袖など晴れやかな姿で式に臨み、旧友との再会を楽しんだ。

音更駒太鼓の演奏に出迎えられ、友人との再会に笑顔を見せる新成人

 道教委によると、十勝管内の新成人該当者(1999年1月2日~2000年1月1日生まれ)は前年比49人減の3018人(男性1491人、女性1527人)。

 音更町の成人式は午前11時に開始。町内の式参加対象者(1999年4月2日~2000年4月1日生まれ)は402人(男性212人、女性190人)。住民票を移した音更出身者も含めて、式には424人が出席した。

 宮原達史教育長が「この町で生まれ育った記憶は今も皆さんの中で流れている。音更・十勝の発展のため、先人たちの思いを引き継いでほしい」と式辞。小野信次町長、高瀬博文町議会議長が祝辞を述べた。

 新成人を代表し西川謙蔵さんが「成人を迎えた今日も、大人としてまだ未熟だと実感している。これからの人生において何事にも諦めず、前を向いて精進していきたい」と力強く誓った。

 なお、帯広市の「成人の集い」(12日午後2時、市民文化ホール)の参加対象者は1453人(男性701人、女性752人)となっている。

関連記事

更別の農家 松橋さん聖火ランナーに 「子どもに夢と希望を」

 松橋農場(更別村上更別)代表の松橋泰尋さん(36)が、2020年東京五輪の聖火ランナーに選ばれた。6月14日に道内を走る。持続可能な循環型農業の実現を見据え、農業や飲食店経営に精を出す松橋さ...

第7回全国海洋教育サミット 船浦中と古見小が発表 自然の大切さやごみゼロ..

 【東京】第7回全国海洋教育サミットー気候変動と海洋リテラシーー(主催・東京大学大学院教育学研究科付属海洋教育センター、日本財団法人)が15日、東京大学本郷キャンパスで行われた。海洋教育に取り組...

長野日報社

「寒天の日」にぎわう 茅野でPRイベント

 県寒天水産加工業協同組合と茅野商工会議所は15日、「寒天の日」(16日)に合わせた寒天PRイベントを、茅野市の茅野市民館イベントスペースで開いた。生天(ところてん)の無料配布や寒天入り豚汁の...

紀伊民報社

小型電気車でらくらく温泉街観光

 和歌山県白浜町は、小型電気自動車を用いた実証実験を17日に始める。小回りが利く車両を使うことで白浜温泉街の周遊性を高め、消費の拡大につなげるのが狙い。走行データなどを収集、分析し、来年度以降の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク