全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「渥美半島を彩る菜の花まつり」開幕

 ひと足早い春の訪れを告げる「渥美半島菜の花まつり2020」(渥美半島観光ビューロー主催)が11日、田原市で開幕した。3月31日までの期間中は、伊良湖地区や国道沿いなどで菜の花畑が見られ、イベント、特産物販売も行われる。  この日は、オープニングセレモニーが道の駅「田原めっくんはうす」の西方、加治町の国道259沿いの菜の花畑で開催された。菜の花とイチゴを使った長さ2㍍の「菜の花いちごロール」を山下政良市長らがケーキカット、集まった人たちに振る舞われたほか、園児たちが菜の花畑に入って風船を飛ばし、開幕を祝った。  広さ約9000平方㍍に咲く菜の花は今月末から2月にかけて見頃。母親と年長の妹、2才の弟と訪れた地元の小学2年河合光希さんは「菜の花がきれい。畑の中が迷路みたいで、弟が駆け回っていました」と喜んでいた。

 会場では、菜の花を栽培、遊休農地を解消し、菜種油も作るなどの取り組み・菜の花エコプロジェクトが紹介され、田原菜の花エコネットワークが豚汁などを用意した。  早春を彩る菜の花畑は国道259号、太平洋側の国道42号沿いなどに点在し、今年も約1100万本が順次咲き誇る。メイン会場となる「伊良湖菜の花ガーデン」(堀切町)は、広さ約4㌶に約120万本で、2月以降に見頃となる。ファッションショーでモデルが歩く舞台「ランウエイ」にちなみ、「菜の花ランウエイ」を新設し、眼下に“黄色のじゅうたん”が広がる。  まつり期間中、伊良湖菜の花ガーデンでは、菜の花狩り(5本100円)ができるほか、新鮮な野菜も販売、地元の高校生による加工品やスイーツなども売られる。  問い合わせは渥美半島観光ビューロー(0531・23・3516)へ。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

昼間の「おばけ」楽しむ

 こども未来館「ここにこ」(豊橋市松葉町3)で、「ひるまのおばけ広場」が開かれている。親子連れで各回満員となるほどの盛況だ。  2年前から館内の展示室を使って、おばけ屋敷を開いてきたが、新型...

長野日報社

辰野西小考案「真ん・中夫(まん・なかお)」 ゆるキャラGPに挑戦

辰野町辰野西小学校の4年生66人が、オリジナルキャラクター「真ん・中夫(まん・なかお)」を活用して、日本の地理的中心に位置する町の魅力発信プロジェクトに取り組んでいる。2018年度の卒業生が考...

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク