全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「渥美半島を彩る菜の花まつり」開幕

 ひと足早い春の訪れを告げる「渥美半島菜の花まつり2020」(渥美半島観光ビューロー主催)が11日、田原市で開幕した。3月31日までの期間中は、伊良湖地区や国道沿いなどで菜の花畑が見られ、イベント、特産物販売も行われる。  この日は、オープニングセレモニーが道の駅「田原めっくんはうす」の西方、加治町の国道259沿いの菜の花畑で開催された。菜の花とイチゴを使った長さ2㍍の「菜の花いちごロール」を山下政良市長らがケーキカット、集まった人たちに振る舞われたほか、園児たちが菜の花畑に入って風船を飛ばし、開幕を祝った。  広さ約9000平方㍍に咲く菜の花は今月末から2月にかけて見頃。母親と年長の妹、2才の弟と訪れた地元の小学2年河合光希さんは「菜の花がきれい。畑の中が迷路みたいで、弟が駆け回っていました」と喜んでいた。

 会場では、菜の花を栽培、遊休農地を解消し、菜種油も作るなどの取り組み・菜の花エコプロジェクトが紹介され、田原菜の花エコネットワークが豚汁などを用意した。  早春を彩る菜の花畑は国道259号、太平洋側の国道42号沿いなどに点在し、今年も約1100万本が順次咲き誇る。メイン会場となる「伊良湖菜の花ガーデン」(堀切町)は、広さ約4㌶に約120万本で、2月以降に見頃となる。ファッションショーでモデルが歩く舞台「ランウエイ」にちなみ、「菜の花ランウエイ」を新設し、眼下に“黄色のじゅうたん”が広がる。  まつり期間中、伊良湖菜の花ガーデンでは、菜の花狩り(5本100円)ができるほか、新鮮な野菜も販売、地元の高校生による加工品やスイーツなども売られる。  問い合わせは渥美半島観光ビューロー(0531・23・3516)へ。

関連記事

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア 帯広

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

ほの国百貨店で「日本縦断味めぐり」

 ほの国百貨店で15日から全国の特産品を集めたイベント「日本縦断味めぐり」が始まった。28日まで。  3月15日の閉店を前に最後となる同イベントは、オリンピックイヤーにちなみ「2020 TOKYO...

シラサギの群れなど観察 市民ら新春探鳥会を楽しむ

 毎年恒例の2020年新春探鳥会(石垣市環境課主催)が12日、市内であり、市民ら12人が水鳥などの観察を楽しんだ。カンムリワシ・リサーチの小林孝代表を講師に、野鳥の種類や生態について学んだ。  ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク