全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「神秘の氷」観光幕開け ジュエリーハウス開設 豊頃

 十勝川河口付近の大津海岸(豊頃町)に真冬に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」観光の本格的な幕開けを告げる無料休憩所「ジュエリーハウス」が、11日午前6時半にオープンした。早速、観光客らが訪れてホットドリンクなどで冷えた体を温めていた。3月8日まで。

休憩所で暖を取る観光客ら

 休憩所の開設は今季で3年目。ジュエリーアイスが見られる海岸近くに約70平方メートルのプレハブ、仮設トイレ5基を配置。プレハブ内は物産販売をはじめ、ストーブを配置し、テーブルと折り畳み椅子などで約30席を用意。公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」も整備している。

 物産販売は、大津漁協青年部などが、ツブや干し魚などの海産物、ホットコーヒーやホットココア、甘酒などを販売。写真家の岸本日出雄さん、写真愛好家の浦島久さんらの写真展も始まった。

 この日、屋外の電光掲示温度計は午前7時に氷点下11.9度。十勝川河口周辺にはまとまった数の氷塊が打ち上がっていたが、海岸にはほとんどなかった。

 幕別町札内の公務員亀田貴仁さん(49)は、妻直子さん(48)、帯広柏葉高校2年の娘(17)と3人で海岸を訪れた。同校写真部に所属する娘はジュエリーアイスを撮影し、「今日は天気が悪かったのであまりいい写真を撮れなかった。また次にチャレンジしたい」と話していた。海岸から休憩所に移動した亀田さん親子は「外はすごく寒かったので、生き返る」とホットドリンクを飲みながら体を温めていた。

 休憩所は期間中午前6時半~午後3時(飲食は午前7時から)。

 大津漁協所属の本間漁業部では今季も漁船で沖合にあるジュエリーアイスを観察するジュエリークルーズを2月から本格的に始める。予約・問い合わせは、同漁業部(080・1877・0927)へ。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク