全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

雪の上のユニバーサル デュアルスキーの体験会

スキー場スタッフが障がい者の気持ちになってデュアルスキーを体験した

信州綜合開発観光は9日、信州大学との共同で、パイロットがサポートする障がい者用チェアスキー「デュアルスキー」の体験会を、同社運営の車山高原スカイパークリゾートスキー場で開いた。スキー場スタッフら20人が参加し、障がい者の気持ちになってスキーを体験。今後のユニバーサルフィールドづくりの参考にした。

同社は、包括的な野外活動の実現に向けてユニバーサルフィールドコンシェルジュの育成に積極的で、現在社員2人が観光庁事業で開催中の信州大学の養成講座を受講している。昨年夏にはユニバーサルツーリズムモニターツアーでアウトドア車いすを使った高原散策を実施。今回は冬場に教育旅行で訪れる障がい者の受け入れもできるようにしようと、同社スタッフを対象としたデュアルスキー体験会を計画した。

デュアルスキーは、背もたれ付きの椅子の下に2本のスキー板がついた構造で、スキーを履いて後ろにつく「パイロット」が操作して滑る。さまざまな障がいを持つ人に対応できるという。体験会では、乗っている人がある程度操作できるスノーカート、パイロットが同じ板の上に乗ってタンデムスキーが楽しめるタイプのデュアルスキーも体験した。

操作はパイロット資格を持つ講師3人が行い、スキー場スタッフは障がい者と同じ気持ちでデュアルスキーの乗り心地を確かめた。参加者の多くがスキー講師を務めるなどスキー上級者だが、デュアルスキーは初体験。「そりに乗っている感覚で、思った以上に安定性も良かった」と話していた。

同社では今後、年齢や障がいの有無にかかわらずに利用してもらえるスキー場を目指す考えで、サポート体制やフィールドの整備などを進めていくとしている。

関連記事

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア 帯広

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

ほの国百貨店で「日本縦断味めぐり」

 ほの国百貨店で15日から全国の特産品を集めたイベント「日本縦断味めぐり」が始まった。28日まで。  3月15日の閉店を前に最後となる同イベントは、オリンピックイヤーにちなみ「2020 TOKYO...

シラサギの群れなど観察 市民ら新春探鳥会を楽しむ

 毎年恒例の2020年新春探鳥会(石垣市環境課主催)が12日、市内であり、市民ら12人が水鳥などの観察を楽しんだ。カンムリワシ・リサーチの小林孝代表を講師に、野鳥の種類や生態について学んだ。  ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク