全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

雪の上のユニバーサル デュアルスキーの体験会

スキー場スタッフが障がい者の気持ちになってデュアルスキーを体験した

信州綜合開発観光は9日、信州大学との共同で、パイロットがサポートする障がい者用チェアスキー「デュアルスキー」の体験会を、同社運営の車山高原スカイパークリゾートスキー場で開いた。スキー場スタッフら20人が参加し、障がい者の気持ちになってスキーを体験。今後のユニバーサルフィールドづくりの参考にした。

同社は、包括的な野外活動の実現に向けてユニバーサルフィールドコンシェルジュの育成に積極的で、現在社員2人が観光庁事業で開催中の信州大学の養成講座を受講している。昨年夏にはユニバーサルツーリズムモニターツアーでアウトドア車いすを使った高原散策を実施。今回は冬場に教育旅行で訪れる障がい者の受け入れもできるようにしようと、同社スタッフを対象としたデュアルスキー体験会を計画した。

デュアルスキーは、背もたれ付きの椅子の下に2本のスキー板がついた構造で、スキーを履いて後ろにつく「パイロット」が操作して滑る。さまざまな障がいを持つ人に対応できるという。体験会では、乗っている人がある程度操作できるスノーカート、パイロットが同じ板の上に乗ってタンデムスキーが楽しめるタイプのデュアルスキーも体験した。

操作はパイロット資格を持つ講師3人が行い、スキー場スタッフは障がい者と同じ気持ちでデュアルスキーの乗り心地を確かめた。参加者の多くがスキー講師を務めるなどスキー上級者だが、デュアルスキーは初体験。「そりに乗っている感覚で、思った以上に安定性も良かった」と話していた。

同社では今後、年齢や障がいの有無にかかわらずに利用してもらえるスキー場を目指す考えで、サポート体制やフィールドの整備などを進めていくとしている。

関連記事

雪踏みしめアートに 食や犬ぞり体験も 中札内

 雪を楽しむイベント「スノーアートヴィレッジなかさつない2020」(中札内村観光協会主催)が15日、中札内農村休暇村フェーリエンドルフで始まった。キャンバスに見立てた雪原をスノーシューで歩いて...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

16日に九州人形劇フェス 8年ぶりの石垣島開催

 「第56回九州人形劇フェスティバル~石垣島大会~」(九州人形劇サークル協議会主催)が16日、大浜公民館で開かれる。石垣島大会は8年ぶり。同協議会に加盟する児童文化サークルくにぶん木の会(池田哲子...

映画「ゾッキ」の撮影順調

蒲郡で3監督がロケの中間報告  蒲郡市内で撮影が行われている映画「ゾッキ」の監督を務める俳優の竹中直人、山田孝之、齊藤工さんの3人が9日夕、報道陣にロケの中間報告をした。齊藤さんは「順調に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク