全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

地域の活性化に「くすのきやまぎんマルシェ」

キッチンカー3台が出店した昨年12月のくすのきやまぎんマルシェの様子(船木で)

 山口銀行船木支店(山尾泰作支店長)は、支店駐車場を会場に、楠地区を拠点に活動する店やキッチンカーを集結させる「くすのきやまぎんマルシェ」を始めた。給与や年金支給日などの多くの人が銀行に立ち寄る日を中心に、月1~2回のペースで実施して地域住民が集う機会を創出し、地元の活性化につなげる。    金融機関として、店舗、駐車場を含めた経営資源を余すことなく活用し地域に貢献することを考え、さらに楠地区には「Mキッチン」(倉本宗代表)、「kitchen846(やしろ)」(八代谷寿子代表)、「花吉」(花岡英子代表)の3台のキッチンカーがあることから企画した。    現時点での出店協力者はキッチンカー3台のほか、洋菓子店のエール・ラポール(柳ちえみ代表)、楠クリーン村(高田夏実理事長)の5店。    倉本さんは「話をいただいた時、わくわくした気持ちになった。地元の人に知っていただく機会にもなる」と語った。    山尾支店長は「〝楠〟感を大切に、今は食だけだが、地元で活動する作家さんなどにも出店してもらい、交流人口増につながるイベントになればうれしい。業種の垣根を越えた取り組みにして、楠地区での創業者支援にもつながれば。銀行として、顧客との接点の広がりにも期待している」と語る。    昨年12月25日に、初めて3台が集結。支店駐車場には入りきらないため、市の協力を得て、隣接する学びの森くすのきの敷地内で開いた。昼時には、行政関係者のほか、地域住民も多数訪れ、地元で活動する各店舗の味を楽しんだ。    今月は10日と24日に実施予定。ただし、天候や店舗の都合により、出店数は異なる。

関連記事

荘内日報社

「ゆどのの山塩」と加工品を開発 温泉ぼんぼの源泉製塩

 鶴岡市熊出の「かたくり温泉ぼんぼ」の源泉を使った山塩「ゆどのの山塩」が開発され1日、記者発表された。強塩温泉を水蒸気の熱で間接的に温め、4日がかりで煮詰め塩にするもので、ミネラル分が多く、味はまろ...

紀伊民報社

海上遊歩道からクジラ

 和歌山県太地町が、森浦湾の一部を網で仕切って小型鯨類を放し飼いにする事業で設置した海上遊歩道が1日、オープンした。海上遊歩道の上から、近くを泳ぐバンドウイルカやハナゴンドウなどを見ることができ...

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

「ねじのロケット」7号機 今夏打ち上げ MOMO公開 大樹

 町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は2日午前11時から、町浜大樹の実験場で、今夏打ち上げ予定の観測ロケット「MOMO(モモ)」7号機を報道陣に初めて公開し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク